いまさら聞けない!? 「自賠責保険」と「任意保険」は何が違う?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【図表】人身事故の高額判決例

 自動車保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」と、民間損保会社が提供する「任意保険」がある。これらの保険の違いをしっかり理解しているドライバーは意外と少ないのではないだろうか。万が一のことが起きたとき、十分な補償を受けられないなどの事態に陥らないために、リスクに備えてしっかり違いをおさえておこう。

6等級スタートの自動車保険を"7等級で契約する方法"とは?

■「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」の補償範囲は?

 自賠責保険は「自動車損害賠償保障法」の規定によって、原則すべての車に加入が義務付けられている強制保険だ。自賠責保険は、交通事故により他人を死傷させてしまった場合に備える保険である。人身事故に限るが、死傷事故で他人を負傷させたり、死亡させたりしたとき、法律上の損害賠償を負う場合の損害について保険金等が支払われる。ちなみに、レンタカーや友人の車を運転した場合も対象だ。

 また、自賠責保険の保険金支払いの金額には、以下のように上限が定められている。

【自賠責保険の補償範囲と支払い限度額】
・傷害による損害:被害者1名につき120万円
・死亡または後遺障害による損害:被害者1名につき3000万円
・常時介護を要する後遺傷害による損害:被害者1名につき4000万円

 このように、被害者1名あたり3120万円、一定の後遺障害を伴うと4120万円が最高支払額となる。

■「任意保険」で十分な備えを!

 自賠責保険の補償だけでは足りない分については、民間の損保会社が提供する自動車保険に加入することによりカバーできる。一般的にこちらの保険は"任意契約"であるため、「任意保険」と呼ばれている。任意保険は、「相手への補償」「自分と搭乗者への補償」「自身の車への補償」の3つが柱となっている。特に相手への補償に関しては、その賠償額が大きい。

 実際、一般社団法人日本損害保険協会では『人身事故の高額判決例』(図表参照)を公開しており、過去の判決例では損害額で5億円を超える例もある。自賠責保険の支払い限度額を超えた金額を、自身で賠償することが現実的に難しいことがわかるだろう。任意保険に入ることで、万が一の事態に備えることができる。

 このほかにも、被害者の死亡やケガ、物に対する損害に備えた「対人賠償保険」や「対物賠償保険」、自身や家族の等の同乗者の死亡やケガに備えた「搭乗者傷害保険」、賠償能力が十分でない相手との事故に備えた「無保険車傷害保険」などの自動車保険がある。

 任意保険は、カーライフに応じた交通事故のリスクに対し、補償範囲や補償内容を自身の目的に合わせて設定することができる。必要とする補償内容と金額をしっかり考えて、自動車保険を検討してはどうだろうか。

【文/森川敬史】
1971年生まれ。1級FP技能士。複数の企業で経理財務業務に従事。
現在は、誰にでも分かりやすい解説をモットーに、マネー相談や記事執筆業務で活躍中。

【監修/SAKU】