ショーン・メンデス、カナダ留学親善大使に就任

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「カナダ留学親善大使」に任命されたショーン・メンデス

 "ネクスト・ジャスティン・ビーバー"と称されるカナダ出身シンガー・ソングライターのショーン・メンデスが、今年連邦結成150周年を迎えたカナダ大使館より、2017年カナダ留学親善大使に任命された。2月に初来日した際、カナダ大使館にて任命状を手渡されたショーンは、カナダの留学で世界を目指す日本の若者に向け「カナダは目的に向かって頑張る人を周囲が応援してくれる環境にあり、自分が音楽の道に進むことができたのも学校の励ましがあったから」と、自身の経験を交えてアピールした。

【画像】日本デビュー・アルバム『イルミネイト』

 カナダ大使館では毎年、春と秋に留学フェアを開催。カナダから来日する教育機関の担当者と、カナダ留学について直接相談ができる。小・中学校から高校、サマープログラム、語学学校、カレッジ、大学やワーキングホリデーなど、目的に応じたカナダの学校を見つけに、東京会場には毎年約1500~2000人が来場するイベントで、今春は3月17・18日に開催。会場では、ショーンから日本の若者へ向けた応援ビデオメッセージが流れる予定だ。

 ショーンは、動画投稿から話題となり15歳でデビュー。アルバムはデビューから2作続けて全米1位を獲得している。同じカナダ出身であるジャスティンを彷彿させる記録に"ネクスト・ジャスティン・ビーバー"と称され、注目を集めている現在18歳の新鋭アーティスト。

 日本デビューアルバム『イルミネイト』(3月8日発売)のプロモーションで初来日した際には、一夜限りのショーケースを開催。待ち焦がれていた日本のファンたちに爽やかな美声を届けた。また、25日(千葉・幕張メッセ)と26日(神戸ワールド記念ホール)に開催される日本最大のポップ・ミュージック・フェスティバル『POPSPRING』出演するため、再び来日する。