鈴木亮平、連ドラで宮沢賢治役 来年は『西郷どん』“偉人役”続く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
WOWOW『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』で宮沢賢治を演じる鈴木亮平

 ドラマ『銭形警部』(日テレ×WOWOW×Hulu共同製作)や『天皇の料理番』(TBS)などでストイックな役作りが毎回話題となり、来年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の西郷隆盛役にも期待が高まる鈴木亮平(33)が、6月に放送を開始するWOWOWプライム『連続ドラマW 宮沢賢治の食卓』(毎週土曜 後10:00※第1話無料放送)で詩人・童話作家の宮沢賢治を務めることが14日、わかった。

【写真】『西郷どん』で主演を務める鈴木亮平

 『銀河鉄道の夜』『雨ニモマケズ』などで知られる、国民的作家・宮沢賢治は、孤高の存在として語られる印象とは裏腹に、じつはユーモアに溢れた好奇心の人。同作は、若かりし頃の天真爛漫な宮沢賢治の青春時代を、彼の愛した“食”や“クラシック音楽”を通して、家族や親しい人たちとの関わりを描いた感涙物語となる。

 原作は漫画『コミック ホームレス中学生』『スカイツリーの周辺で愛を叫ぶ』などの魚乃目三太氏。監督は『すーちゃんまいちゃんさわ子さん』『人生、いろどり』『泣き虫ピエロの結婚式』でメガホンをとった御法川修氏。脚本は『砂の塔~知りすぎた隣人』『アリスの棘』『アルジャーノンに花束を』を手がけた池田奈津子氏が担当する。

 鈴木は「“宮沢賢治”というと朴訥(ぼくとつ)としたイメージを勝手に持っていたのですが、当時の資料調べていくと、とても熱くて人間臭い人だったようで驚きました。時には周りをも巻き込んでしまう、子供のように豊かな感受性と情熱を持った”宮沢賢治”という一人の人間を、まるで今そこに生きているかのようにのびのびと演じられたらと思います」と意気込み。

 脚本を読んだ際の印象について「『食卓』とタイトルにありますが、脚本を読んでみると、いわゆるグルメドラマの枠をはるかに超える濃厚な感動作でした」と明かし「当時の東北の人々の暮らしと、素朴でおいしい料理が混じり合って、絶妙なマリアージュが生まれています」。

 視聴者に向けて「『生きる』とは。『人を想う』とは。ただ泣けるだけでなく、心の深い場所まで揺さぶられる感動作になりそうですので、楽しみにしていてください」と呼びかけている。