広瀬すず、高校卒業後も制服挑戦「10代だからできる」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
制服挑戦に意欲を見せた広瀬すず (C)ORICON NewS inc.

 女優の広瀬すず(18)が15日、都内で行われた『シーブリーズ2017新CM発表会』に出席した。今月高校を卒業したばかりの広瀬は、撮影での制服姿が今後“コスプレ”になってしまうが「役とかでも制服を着る機会も減るのかな。今だからできる、10代だからできる映画作品とかはすごく大きいと思うので、思いっきり表現できる女優さんになりたい」と制服挑戦に意欲を見せた。

【動画】広瀬すず&中川大志がカップルの胸キュンCM

 同CMではシリーズを通して俳優の中川大志(18)と3年目の共演となるが、次回作から新たに9598人の女子高生から「青春のシンデレラ」として選ばれた佳島みささん(13)も加入。広瀬は佳島さんに「かわいい」と喜びの声をあげたが、現役の制服姿に「本当にキラキラしているみさちゃんを見ると、負けないようにしたいなと思います」と危機感を示していた。

 広瀬と中川は、これまでは先輩と後輩の役柄だったが、今月17日から放送される新CM「デオ&ジェル すずの3分」篇では、付き合い始めたばかりの初々しい同級生カップルを演じる。広瀬は「やっと同い年になれました」とにっこり。CM内では毎回、甘酸っぱい青春を感じさせるセリフが見どころの1つだが、撮影を振り返り広瀬は「自分が恥ずかしいセリフを言ったのにさらに上のセリフが返ってきたんで『ふぅ~』ってなりました」と中川のセリフを絶賛し、中川も「「負けてらんないで被せてやろうと思いました」といたずらっぽい笑顔を浮かべた。

 同CMに加え5月からはダンスロックバンド・DISH//のリーダー・北村匠海(19)と、佳島さんを起用した新CM第2弾の放送が予定されている。