白石麻衣写真集、4度目の重版決定 勢い止まらず累計発行は19万部に【新カット公開】

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
累計発行部数が19万部に達する白石麻衣2nd写真集『パスポート』カット(撮影:中村和孝)

 人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣の2nd写真集『パスポート』が、4度目の重版が決まったことが明らかになった。これで5刷りとなり、累計発行部数は19万部を突破した。

【新公開カット】髪を濡らしカメラを見つめて...白石麻衣のアップ写真

 同作は2月8日に発売され、初週で10.4万部を売り上げ、2008年のオリコン週間"本"ランキングの集計開始以来、女性ソロ写真集(※)では歴代最高の週間売上を記録する爆発的なロケットスタートを記録(※フォトブック、フォトエッセイを含む)。翌週以降も毎週1万部以上を売り上げており、累計売上は15万部を超えている。

 発売から1ヶ月以上が経ってもペースが衰えないため、発行元の講談社は1万部の重版を決断。同社は「女性読者をはじめ、幅広い層に購入いただいている」と手応えを明かし、白石も「女性からの反響をたくさんいただいて、とてもうれしいです。この『パスポート』をきっかけに、ますますいろんな仕事にチャレンジしていけたらいいなと思います」と意欲を見せている。

 本作の大ヒットに引っ張られるように、前後に発売された齋藤飛鳥、橋本奈々未、秋元真夏、桜井玲香ら乃木坂46メンバーのソロ写真すべてが、オリコン本ランキングの写真集部門でトップを獲得。また、メンバーが多数の雑誌のカバーを飾るなど、出版界に「乃木坂現象」と呼ばれる好景気の波が押し寄せている。

 重版を記念し、『パスポート』から新規カットが公開された。