高畑充希の岡山弁が「あざとかわいい」 『ひるね姫』独占動画公開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
長編アニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(3月18日公開)女優・高畑充希が演じる主人公・ココネ(C)2017 ひるね姫製作委員会

 「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズや『東のエデン』『精霊の守り人』などの作品で知られる神山健治監督の長編アニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(3月18日公開)の本編から、女優・高畑充希が演じる主人公・森川ココネの「かわいい岡山弁」シーンを抽出したクリップ5本を一挙公開する。

【動画】映画『ひるね姫』「岡山弁がかわいい」シーン5選

 「おしりさわったらいけんよ~」「なんなんだら~」「かしじゃけーな」「おっかけきよったのになー」「前はよーいきよーたがー」と、聴けば聴くほど愛着が湧き、不思議な魅力にあふれる岡山弁。今回がアニメーション映画初参加という高畑の声の演技も嫌味がなく、むしろ"あざとかわいい"感じがたまらなく、繰り返し聴きたくなる。

 神山監督初の劇場オリジナルアニメーションとなる本作は、眠っている時にみる「夢」がテーマ。人はどうして夢を見るのか。自分では気づかない無意識のストレスや心の渇き、心の中に足りなくなっている何かをサプリメントのように補ってくれるのが、夢の役割なのかもしれない。そんな夢の不思議から発想された物語。

 岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしているココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと...考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。

 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され、東京に連行された。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、ココネは夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。それは彼女にとって思 いがけず、"知らないワタシ"を見つける旅でもあった。

 いまより少し先の未来を舞台に、夢と現実がスリリングにクロスするロードムービー。「AI(人工知能)」「ネットワーク」「未来への願い」といった、これまで神山監督が描いてきたさまざまなモチーフも重要な要素として盛り込まれている。

 高畑のほか、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介らが声の出演。主題歌は"夢"と"去った人への想い"を歌った名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」を高畑が森川ココネとしてカバーしている。