田野優花、ハタチ誕生日に共演者からサプライズ 中川晃教の生歌に感涙「宝物です!」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
自身の誕生日に中川晃教に生歌を歌ってもらい、感動したと話した田野優花 (C)ORICON NewS inc.

 アイドルグループ・AKB48の田野優花(20)が17日、都内で行われたブロードウェイミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』公開けいこに参加。今月7日に迎えた二十歳の誕生日に、同作の共演者たちからサプライズで祝福されたことを明かした。

【写真】実写版スヌーピー『ピーナッツ』を演じる田野優花らキャスト

 当日は、けいこ日だったといい「共演者の皆さんが、プレゼントのお酒を開けてくれました」とにっこり。さらに、中川晃教から「ハッピーバースデートゥーユー」を歌ってもらったそうで、高垣彩陽から「田野ちゃん、泣いちゃったんだよね?」と振られると「そうなんです。すごく感動しました。今までで一番感動しました! あの動画は、めっちゃ宝物です!」と声を弾ませていた。

 1950年の連載開始から60年以上が経過した今でも世界中で読み継がれている、チャールズ・M・シュルツ著のコミック『ピーナッツ』が原作。過去にも、故・坂本九さん、小堺一機、市村正親らの出演で上演されてきた同作が、ブロードウェイでのミュージカル化から50周年の節目にあたる今年に再び日本で上演される。

 公開けいこにはそのほか、村井良大、吉田一紀、東山光明、演出を手がける小林香氏も参加。同作は、4月9日から25日まで東京・シアタークリエにて行われる。