吉岡里帆、公開アフレコに緊張「手汗がびちゃびちゃ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
公開アフレコに挑戦した吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.

 女優の吉岡里帆(24)が17日、都内で行われた『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』公開アフレコイベントに出席。同じくゲスト声優を務める宮川大輔(44)や報道陣に見られながらアフレコを行った吉岡は「手汗がびちゃびちゃになっている」と汗で輝く手のひらを報道陣に見せて苦笑。近くで見守っていた江戸川コナンと握手して汗を拭ったあと、自然な声の演技を披露して宮川を驚かせた。

【写真】コナンくんに手汗を見せる吉岡里帆

 吉岡は今回のために1ヶ月ほど研究してきたといい、「歴史がある作品なので、今は公開が楽しみというより怖い気持ちが勝っている。コナンファンの方が憤怒のメッセージを送ってきたらどうしよう」と心配。吉岡の声優を「めちゃめちゃうまい。完璧やん」と絶賛していた宮川から「ファンの人はあたたかいですよ」と励まされていた。

 同作は、青山剛昌氏原作の『名探偵コナン』シリーズの劇場版第21弾。テレビ局爆破事件と、百人一首の大会優勝者の殺害事件を追う江戸川コナンや服部平次たちの活躍を描く。宮川が競技かるた会の皐月会の会員で謎の行動が多い関根康史、同じく皐月会の会員で服部平次たちの同級生でかるた部主将の枚本未来子を吉岡が演じる。4月15日公開。