NGT48メンバーとスタッフ数名が食中毒 ノロウイルスと断定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NGT48

 新潟を拠点とする国内5番目のAKB48グループ・NGT48のメンバーとスタッフ数名が13日、腹痛などの症状を訴え病院を受診し、新潟市の保健所がこれをノロウイルスによる食中毒と断定したことが17日、わかった。同日、グループの公式サイトで発表された。

【動画】NGT48メジャーデビュー曲「青春時計」MV

 公式サイトでは「平成29年3月13日、NGT48のメンバー及びスタッフ数名が腹痛等の体調不良を訴え、病院を受診させたところ胃腸炎等と診断されました」と説明。体調不良を訴えた者がいずれも11日に新潟市内のNGT48劇場公演に出演、または運営に携わった際にそこで提供された弁当を喫食した者であったことから、新潟市保健所に連絡。「16日、同保健所より、症状はノロウイルスによるものであり、上記劇場において弁当を提供した飲食店を原因とする食中毒であると断定したとの報告がありました」と明かしている。

 原因が明らかとなるまで、発症していないメンバー及び症状の軽かったメンバーたちはグループでの活動を行っており、12日には『AKB48「ハイテンション」劇場盤発売記念 AKB48グループ春祭り』のイベントにも参加している。これに関して「同イベントにおいてNGT48メンバーと交流されたファンの方で、腹痛等の症状が見られるなど、体調に不安または懸念のある方がいらっしゃいましたら、速やかに医療機関を受診する等適切な対応をお願い申し上げる次第です。当然、弊社といたしましても、誠実に対応させていただく所存です」と今後の対応についても説明した。

 現在、ほとんどのメンバーが体調回復しているため、今後は18日開催の『NGT48ここからプレーボール!@HARD OFF ECOスタジアム新潟』については体調に問題のないメンバーは予定通り出演。一方で、19日の『NGT48デビューシングル「青春時計」発売記念 ミニ握手会@アーバンドックららぽーと豊洲』及び、20日の 『AKB48「サムネイル」劇場盤発売記念大写真会』はファンと至近距離で接する可能性があることからNGTメンバーの出演を見送るとしている。

 また、NGT48劇場についても消毒作業を実施し、18日から20日までロビー開放を中止することが発表された。