大野智、アクションシーン初披露 映画『忍びの国』予告&場面写真解禁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『忍びの国』は7月1日公開 (C)2017 映画『忍びの国』製作委員会

 人気グループ・嵐の大野智が主演する映画『忍びの国』(7月1日公開)の予告映像が18日、公式サイトで解禁された。伊賀最強の忍びを演じた大野が、ダイナミックなアクションシーンを披露している。

【場面写真】無門の妻を演じる石原さとみ

 原作は、和田竜氏の同名小説。『予告犯』(15年)、『殿、利息でござる!』(16年)の中村義洋監督がメガホンをとり、史実・天正伊賀の乱を題材に織田軍と伊賀忍びとの合戦をダイナミックに描く。

 本格的なアクションに初挑戦した大野が演じるのは、普段は金の亡者で無類の怠け者だけれども、伊賀最強の忍び・無門(むもん)。無門の頭の上がらない妻・お国を石原さとみが演じるほか、伊勢谷友介、鈴木亮平、知念侑李らが出演する。

 きょう18日より全国の劇場で流れる予告では、ワイヤーを使った軽妙な格闘シーンや、天下統一を目前にした織田軍との決死の戦の場面を収録。ラストには大野による「後先考えて無茶できるか!」という力強いせりふが印象的な映像になっている。

■『忍びの国』公式サイト
http://www.shinobinokuni.jp/