インパルス堤下『人は見た目が100パーセント』にレギュラー出演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
インパルスの堤下敦が4月13日よりスタートするフジテレビ系連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』(毎週木曜 後10:00)にレギュラー出演

 お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が、4月13日よりスタートするフジテレビ系連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』(毎週木曜 後10:00)にレギュラー出演することがわかった。堤下が演じるのは、さえない理系男子研究員・三沢基樹(みさわ・もとき)。桐谷美玲演じる女子力ゼロの理系女子である主人公・城之内純らにキレのあるツッコミを繰り出していく。

【写真】女優デビューを果たすブルゾンちえみ

 原作は大久保ヒロミ氏が手がける同名コミック。研究に没頭するあまり、「女子力」や「美」に背を向け生きてしまった"女子モドキ"の理系女子3人組が、自分たちの会社が丸の内にあるおしゃれな化粧品会社と合併することをきっかけに「女子力」を磨くべく、メーク・ファッション・美容など「美の特別研究」を始めるというストーリー。

 主要キャラクターとなる"女子モドキ"には桐谷の他、前田満子役に水川あさみ、そして佐藤聖良役にお笑い芸人・ブルゾンちえみが起用され話題を呼んでいる。普段はおとなしい三沢だが、町田啓太演じる丸尾拓馬と共に、女子3人が仕事後、密かに行っている"美の特別研究"を不思議がり、「美」や「女子力」と大真面目に向き合い、苦戦する彼女たちに対して容赦なくツッコむという役どころ。

 堤下は「桐谷さん、水川さん、ブルゾンさんの"見た目"をいじる役柄なので、僕なんかがツッコんでいいのかな・・・と違和感を覚えながら演じています」と恐縮しながらも「撮影の合間に少し冗談を言ったり、町田君をいじったら、とてもさわやかに答えてくださって...とてもいい人だなと思いました。そこにブルゾンさんも話に加わり、さらに桐谷さんも水川さんもその輪に入ってきて、いつの間にかみんなでわいわい話し始め、ボケやコントみたいな空気感になってきたりして・・・。さっそく楽しい現場になってきています」と撮影を楽しんでいる様子。

 自身初のメガネをかけての芝居となるが「ドラマでもバラエティーでもかけたことがないので、"メガネ男子"として、メンズノンノの取材を受けるのが夢です」と壮大な目標を掲げている。