TSUTAYA展開のCCC、徳間書店の子会社化発表 出版分野を強化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)傘下のカルチュア・エンタテインメント(以下、CE)が21日、徳間書店の株式を取得し同日付で子会社化したことを発表した。

 徳間書店はこれまで、ライフスタイル系雑誌『GoodsPress』『食楽』やアニメ雑誌『Animage』などを刊行。グループ会社で雑誌『Pen』『Newsweek』などを扱うCEとしても、60年の歴史を持つ徳間書店の培ってきた編集力やノウハウを活かし、出版分野を通じた新たな企画やライフスタイルの提案を強化していく。

 また、CCCグループと徳間書店が連携した取り組みとして現在、絶版となった本を全国TSUTAYAの書店スタッフが中心となり、復刊にむけプロデュースするプロジェクト『復刊プロデュース文庫』を行っているが、今後はCEが行う映像・音楽事業と連携した出版物の刊行にも取り組んでいく予定としている。