『ザ・ノンフィクション』7年半ぶり視聴率2ケタ 衝撃事件犯人の息子の独白が話題に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
22日放送の『ザ・ノンフィクション』は「人殺しの息子と呼ばれて…後編」を放送(C)フジテレビ

 フジテレビ系ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜 後2:00※関東ローカル)の22日放送回が、番組平均視聴率10.0%を獲得したことが明らかになった。10%以上の視聴率を獲得したのは、2010年5月23日放送回の10.4%以来、約7年半ぶりとなる(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】性別変更後…同番組で新たしい名前を発表したKABA.ちゃん

 22日に放送されたのは、「人殺しの息子と呼ばれて…」の後編(前編は15日放送・6.3%)。2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューに応じたもので、赤裸々な告白が大きな反響を呼んでいた。

 視聴率は同時間帯の横並びトップで、瞬間最高視聴率は午後2時45分に記録した12.4%。