【稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾】新しいスタートを迎えた3人のホンネに迫るインタビュー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
AbemaTV『72時間ホンネテレビ』に挑戦する(左から)草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾 (C)AbemaTV

 稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が共演するインターネットテレビ局・AbemaTVの『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』が、11月2日の午後9時から放送される。

【写真特集】可愛い…“ありのままの姿”を公開した3人

 初のインターネット放送、そして72時間ぶっ通しという前代未聞の生放送に挑戦する3人に、ORICON NEWSではインタビューを敢行。期待と不安、そして応援してくれるファンやサポートしてくれる仲間への感謝など、現在のストレートな思いが語られた。

【稲垣吾郎】ファン、スタッフ、そして同志の2人へ「思いを言葉で伝えていきたい」

 「今まで番組を作るときよりも、スタッフさんも含めて濃密に打ち合わせをやっています」という稲垣。「ずっと通じ合っている関係だから、今までは会話はそこまで必要ないかなって思っていたけど、今回ばかりはちゃんと実のある言葉でディスカッションしているので、今まで以上に言葉を交わしている感覚もあります」と、コミュニケーション面での変化もあったようで、「いろんな話し合いができている手応えがありますね」と充実した表情で語ってくれた。

【草なぎ剛】自分の感覚を大事にしながら「人の意見を受け入れる窓口を広くしたい」

 草なぎが新しいスタートで大事にしたいことは「分からないことは分からない、と素直に言おうと決めました」。自分の感覚も大事にしながら「新しい世界に飛び込んでいるので、人の意見を受け入れる窓口を広くしようと心がけています。それを自分の中でどう消化して、どう自分のものにしていくのか考えていく。今は真っ白な状態だから、いろんな人の話を聞くのは楽しいですね」と、すべての状況を楽しんでいる様子を笑顔で話してくれた。

【香取慎吾】ネットでの応援に感謝「本当に頑張れる言葉を寄せてくださるので、力になっています!」

 「テレビの中で生きてきたので、2日でも3日でも映ってても“何でもあり”で普通にいられると思います」と自信を見せる香取。SNSを開始することについて「未体験の怖さもあるけど、それ以上に新しいことを始められる楽しみが大きい!」と胸を弾ませ、ネット上の応援の声にも「本当に頑張れる言葉を寄せてくださるので、力になっています」と感謝していることを明かした。

 それぞれの“ホンネ”に迫ったインタビューと画像を公開中。