『広辞苑』10年ぶりに改訂 新語に「スマホ」「朝ドラ」など1万語収録

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
10年ぶりに改訂された『広辞苑』

 岩波書店が24日、都内で会見を行い、中型の国語辞典『広辞苑』の第七版を来年1月12日に発売すると発表した。「スマホ」「ツイート」「朝ドラ」など、第六版刊行後に収集した10万語の候補項目の中から厳選し、現代生活に必須の新語1万語を追加で収録している。

<前回朝ドラ>『ひよっこ』有村架純&磯村勇斗の仲睦まじい2ショット

 1955年に初版を刊行して以降、「国語+百科」辞典として、今や国民的辞典と呼ばれるまでに広く浸透している『広辞苑』。今回、2008年の第六版の改訂から約10年ぶりの大改訂となり、収録語も新たに1万項目追加、140ページ増加となったが、製本機械の限界である8センチに収まるように用紙を開発し、厚さは第六版と変わらない。

 普通版と2分冊の机上版の2つが販売され、来年の6月30日までそれぞれ8500円(普通版 以降は9000円)、13000円(机上版 以降は14000円)という完成記念特別価格を設定。第六版まで販売されていたDVD-ROM版は、岩波書店からの発売を見送る方針だといい、同社常務取締役の桑原正雄氏は「紙は今の時代だからこそ残していかなければいけない。DVD版も協力してくださるところから出る可能性はあるし、電子辞書とスマホは別途検討します」と説明した。

 この日の会見には、ゲストとしてライフネット生命保険の創業者・出口治明氏、フォトジャーナリストの安田菜津紀氏も出席。

 今回収録される新加項目1万のうち「現代語」「カタカナ語」「人文・社会」「人名」の主な項目は以下の通り。

■『広辞苑』第七版 主な新加項目

現代語:朝ドラ、安全神話、いらっと、上から目線、お姫様抱っこ、価格帯、可視化、がっつり、加齢臭、口ぱく、小悪魔、ごち、小腹が空く、婚活、雑味、直箸、自撮り、勝負服、白物家電、戦力外、卒乳、立ち位置、ちゃらい、名ばかり、乗り乗り、万人受け、美品、惚れ直す、まかない料理、無茶振り

カタカナ語:アプリ、イップス、エコバッグ、カルチャースクール、キーマカレー、キャリーバッグ、クールビズ、クラウド、グランドデザイン、クリアファイル、コインパーキング、サプライズ、スピンオフ、スマホ、スルー、チュロス、ツイート、デトックス、ドクターヘリ、ネイルサロン、ハニートラップ、バリスタ、パワースポット、ビッグマウス、フードコート、ブロガー、メアド、リスペクト、リマインド、レジェンド

人文・社会:アラブの春、イスラム国家、ウィキリークス、LCC、LGBT、大阪取引所、沖縄返還機密、オスプレイ、革新自治体、強制起訴、限界集落、健康寿命、再帰性、殺処分、指定難病、消費者庁、戦争遺跡、庭前の柏樹子、ねじれ国会、八角墳、ハラーム、東日本大震災、ビットコイン、ブラック企業、ふるさと納税、法テラス、マタニティー・ハラスメント、民間軍事会社、雇い止め、四つの口

人名:赤塚不二夫、植田正治、宇沢弘文、梅棹忠夫、永六輔、加藤周一、川上哲治、大鵬、高倉健、立川談志、つかこうへい、鶴見和子、勅使河原宏、土井たか子、土光敏夫、戸塚洋二、中内功、南部陽一郎、原節子、文在寅、劉暁波、アレクシエーヴィチ、オバマ、(ピエール)カルダン、(マイケル)ジャクソン、(スティーブ)ジョブズ、スピルバーグ、チャスラフスカ、(ボブ)ディラン、ベッケンバウアー