新垣結衣&瑛太主演、映画『ミックス。』初登場1位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新垣結衣、瑛太が主演する映画『ミックス。』初登場1位(C)2017『ミックス。』製作委員会

 10月21日・22日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、新垣結衣と瑛太がダブル主演する『ミックス。』が、土日2日間で動員18万人、興行収入2億3500万円をあげて初登場1位を獲得した。不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな"奇跡"を起こす恋と人生の再生物語。

【画像】山崎賢人主演の『斉木楠雄のΨ難』は2位スタート

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや、人気ドラマ「リーガル・ハイ」シリーズなどで知られるヒットメーカー・古沢良太氏によるオリジナル脚本作品。監督は『エイプリルフールズ』で古沢氏とタッグを組んだ石川淳一氏が務めている。ほかに、広末涼子、瀬戸康史、永野芽都らの出演に加え、水谷隼、石川佳純、伊藤美誠ら日本を代表する卓球選手が作品を盛り上げている。

 2位は『斉木楠雄のΨ難』が初登場。土日2日間で動員15万6000人、興収1億9400万円をあげた。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載5周年を迎えた麻生周一氏による同名漫画を、映画『銀魂』やドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズを手掛けた福田雄一氏が実写映画化。出演は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』や『一週間フレンズ。』等、漫画原作の実写映画での主演が続く山崎賢人のほか、『銀魂』の橋本環奈、『アウトレイジ ビヨンド』の新井浩文など。

 3位は、トム・クルーズ主演最新作『バリー・シール/アメリカをはめた男』が、土日2日間で動員13万4000人、興収1億7600万円で初ランクインした。1970年代、大手航空会社のパイロットからCIAへ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築き、全米に衝撃を与えた実在の"アメリカ史上最もぶっ飛んだ男"をトムが持ち前の体当たり演技で演じる。

 ほかに新作では、アニメーション作品『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』が9位にランクイン。テレビアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』の劇場版3部作の第1部。10位には1989年、ベルリンの壁崩壊直前のドイツを舞台に、シャーリーズ・セロンがMI6の女性エージェントを演じるスパイ・アクション『アトミック・ブロンド』が入った。

 新作5作品のランクインで、先週の1位~5位の作品は4位~8位へとランクダウンしたものの、5位の『アウトレイジ 最終章』、8位の『亜人』は、ともに累計興収12億円を突破している。

■全国映画動員ランキングトップ10(2017年10月21日~22日)

1位:『ミックス。』(NEW)
2位:『斉木楠雄のΨ難』(NEW)
3位:『バリー・シール/アメリカをはめた男』(NEW)
4位:『劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower』(2)
5位:『アウトレイジ 最終章』(3)
6位:『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(2)
7位:『ナラタージュ』(3)
8位:『亜人』(4)
9位:『コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道』(NEW)
10位:『アトミック・ブロンド』(NEW)
※丸カッコ内は公開週、ランキングは興行通信社調べ