沢口靖子の意外な素顔「フエルトでマスコット人形を作るのが好きだった」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
10月26日放送、『科捜研の女』第2話より。マリコ(沢口靖子)が針と糸を手に繊細な日本刺繍にチャレンジ(C)テレビ朝日

 女優の沢口靖子が主演するテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)。今月19日にシーズン17がスタートし、第1話の番組平均視聴率は12.3%と好スタートを切った。21日には、1999年のシリーズ開始から丸18年を迎え、26日放送の第2話をもって通算185話目を数える。その第2話にちなんで、沢口は「お裁縫は…嫌いではないです」と自己アピールし、学生時代は「フエルトでマスコット人形を作るのが好きだった」と、知られざる素顔を明かした。

【写真】おなじみの白衣姿のマリコ

 同ドラマでは前シーズンから「衝撃的なマリコのワンカット」として、法医研究員とは思えない“衝撃のシーン”が各話に仕込まれているのだが、今シーズン第1話では肉の熟成庫で牛の枝肉のごとく吊り下げられているマリコの姿が、インターネット上でも話題を呼んだ。

 第2話では、マリコが針と糸を手に刺繍(ししゅう)をしているシーンが登場。釜糸と呼ばれる刺繍に使われる専用の糸で美しい刺繍絵を描いている。マリコにこんな趣味があったのか…。もちろん、マリコのことなので、事件捜査の一環で挑戦しているのだが、その表情は楽しそう。この刺繍絵は第2話の事件とどう絡んでくるのだろうか?

 沢口は「今回チャレンジしたのは日本刺繍の“すがぬい”。とても繊細で難しかったです。『肩に力が入りすぎている』と先生に注意され、リラックスしたかと思うと針で指をチクッとさしてしまいます。普段の凛とした姿とは違う、ドギマギしたマリコも楽しみにしてください」と、説明する。

 ちなみに、沢口自身の刺繍の経験は「学生時代にやったことがある」といい、「お裁縫は普段あまりやる機会はないのですが、嫌いではないです(笑)。学生時代はフエルトでマスコット人形を作るのが好きだったんです。今はボタンがほつれたときに付けるといった程度ですね(笑)」と、知られざる一面を明かしていた。