【大阪文化芸術フェス】R-1準優勝の歌ネタ、プロ棋士の対局…大阪文化を堪能できるブースが満載

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『大阪文化芸術フェス』に登場した(左から)ラニーノーズ、馬と魚 (C)ORICON NewS inc.

 大阪府内の各地域において繰り広げられる文化芸術の祭典『大阪文化芸術フェス』のイベントが現在、万博記念公園内で開催されている。大阪の文化や人気番組の出張ステージなどを体験できる「大阪文化芸術ミックスステージ タレントミーツスクエア」では、お笑い、将棋、大道芸、謎解き、ゲーム実況といった多彩なジャンルのブースが目白押しとなっている。

【画像】一般客と全力疾走するダイノジ大地

 「Music&Dance」スクエアでは、『R-1ぐらんぷり2014』で準優勝に輝いたピン芸人の馬と魚とお笑いコンビ・ラニーノーズが「大阪の歌を一緒につくろう」を開催。至近距離にいる観客からリクエストされた曲をカラオケで歌ったり、即興で曲を作ったり、歌ネタを披露したりとコミュニケーションを取りながら音楽の魅力を伝えていった。

 漫才・落語・吉本新喜劇をはじめとした、大阪が誇るお笑い文化を体験できる「大阪お笑い体験スクエア」や、大の将棋好きで有段の腕前を持つお笑いコンビ・シャンプーハットのてつじや都成竜馬四段などのプロ棋士らがズラリとそろった「将棋好き大集合!!将棋体験スクエア」など、さまざまな文化を楽しめる内容となっている。

 そのほかにも、アイドルグループ・NMB48のパフォーマンスやMINMIのハロウィンスペシャルライブが行われる「大阪文化芸術パーク」や、飲食店の口コミ情報サイト『食べログ』の3.5点以上のお店が集結したフードコート『FOOD SONIC2017』など、同公園全域を使って、数多くのイベントが実施される。

 同フェスは、大阪府、大阪市が構成団体となっている大阪文化フェスティバル実行委員会が、今年度から10月の1ヶ月間を大阪文化芸術フェス月間と位置づけて開催された。