中田カウス・ボタン、結成50周年記念ライブ4年かけ完走「何も事故がなく…」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
結成50周年記念ライブを4年かけて完走した中田カウス・ボタン (C)ORICON NewS inc.

 漫才コンビの中田カウス・ボタンが30日、都内でお笑いライブ『漫才のDENDO 全国ツアーin東京』に出演。中田カウス・ボタンの結成50周年記念イベントとして足掛け4年で全国を回り終えた中田カウスは「何も事故がなく、どこに言っても歓迎された」と4年の道のりを振り返った。

【写真】ノンスタ、トレンディ、ミキも出演

 同イベントは横山エンタツ・花菱アチャコが作り出した「しゃべくり漫才」という上方漫才の普及のため、カウスが2013年に企画し、スタートした。4年という年月をかけて、この日の東京公演で全国ツアーのフィナーレを迎えた。延べ5万人を動員し、完走したカウスは終演後に囲み取材に応じ「何も事故がなく、どこに行っても歓迎された」とにっこり。若手も出演する機会も多く「4年の間の若手の伸び方にビックリしますね」と振り返った。そして「新しい子たちが時代を支え、会社を支え、我々に苦労させ…」と話し、報道陣を笑わせた。

 このツアーでは全国47都道府県のほか台湾公演も含め、48公演を開催。めでたい50周年記念のイベントは大成功で終わった。コンビ継続の秘けつを問われると「50年を目指したわけじゃない。大事なことは毎日1回、1回をちゃんとこなしているかどうか。それの連続の50年ですね」という。そして「50年やったことの経験を、どこに持っていくねんというたら若手の子たちに。悩んでいたら、その経験の中から答えていくことが僕らの責任」と言い切った。続けて「吉本興業105周年ですけど裏105周年というのもある。裏も表も全部、見てきました。アドバイスを心からしてあげられるかな」とニヤリとしていた。

 ケンカも一度もないという。カウスは「ケンカというのは何も生まれない。ただ、議論はとことんします。ネタに対しても相方に対しても疑いを持っている。だから時間が経つのが早いです」と話す。ボタンも「何にしても妥協がない人ですね」と相方を語っていた。

 カウスは「大阪のなんばグランド花月のように東京グランド花月ができるまでは、とりあえず頑張ろうと思います」と意欲。最後に漫才とは、と問われるとボタンは「天職です」と話し、カウスは「天職です」と言った。カウスは「よく出会いがあったなと。男は何を見つけるか。見つけたことに一途になれるか。一途になれるぐらいほれられるものを見つけて、それが漫才だった。感謝ですね」と感慨深げだった。

 この日は博多華丸・大吉、NON STYLE、トレンディエンジェル、スーパーマラドーナ、和牛、ミキも出演。また、11月10日から大阪・大阪市中央公会堂で“2周目”をスタートさせる。カウスは「まだまだ生の漫才を見てない人がいる。こちらから出向いて行って喜んでもらいたい」と意欲を見せた。