『ベストヒット歌謡祭』出演アーティスト発表 関ジャニ、三代目JSBら18組

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
11月15日放送の読売テレビ・日本テレビ系『ベストヒット歌謡祭2017』に出演する三代目J Soul Brothers

 11月15日に大阪・フェスティバルホールから生放送される読売テレビ・日本テレビ系『ベストヒット歌謡祭2017』(後7:00)に出演する全18組のアーティストが発表された。

【出演アーティスト】AKB、乃木坂、GENERATIONSも出演

 年末音楽特番では唯一の関西発となる同番組。50回目の節目の年となる今回、司会は宮根誠司、ウエンツ瑛士に加え、橋本マナミが初登場する。アーティストによるライブはもちろん、今年、世間をにぎわせた出来事からいくつかのテーマを設定し、そのテーマごとに番組50年間の歴史をひも解いていく。
 
 出演者は今年、活躍したアーティストのなかからE-girls、AKB48、NMB48、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、欅坂46、三代目 J Soul Brothers、GENERATIONS、ジャニーズWEST、竹原ピストル、西野カナ、乃木坂46、NOBU、平井堅、松田聖子、三浦大知、三浦祐太朗、ゆずらが参加。松田は17年ぶりの参加となり、節目の年を盛り上げる。