井上陽水&玉置浩二、31年ぶりにハーモニー復活 NHK『SONGS』で共演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NHK『SONGSスペシャル』に出演する(左から)井上陽水、玉置浩二 (C)NHK

 歌手の井上陽水と玉置浩二が、10日放送のNHK総合の音楽番組『SONGSスペシャル』(後10:00~10:49)に出演することが決定した。番組では2人のデュエット曲「夏の終りのハーモニー」を披露するが、2人が歌声を重ねるのは1986年の神宮球場公演以来、実に31年ぶりとなる。番組には安全地帯も出演する。

【写真】『SONGSスペシャル』に出演する井上陽水&安全地帯

 1980年代に大ヒットを連発した陽水と玉置(安全地帯)。今年は安全地帯がデビュー35周年、そして玉置浩二がソロデビュー30周年を迎え、当時NHKで生中継された神宮球場公演以来、2人のセッションが実現した。

 番組では、10月27日に「夏の終りのハーモニー」1曲のみを収録するためにNHKに集結した陽水と玉置に密着。緊張感に包まれた現場の空気を伝えながら、日本が誇る2人のスーパーボーカリストの夢の共演の一部始終をじっくりと紹介する。

 そのほか、陽水が「ワインレッドの心」「最後のニュース」、安全地帯が「悲しみにさよなら」「あの頃へ」、そして玉置がソロで「しあわせのランプ」を披露する。