映画『文豪ストレイドッグス』オリジナルストーリー解禁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アニメーション映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』(2018年3月3日公開)キービジュアル(C)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会

 アニメーション映画『文豪ストレイドッグスDEAD APPLE(デッドアップル)』の公開日が来年3月3日に決定した。GRANRODEOによるオープニングテーマ曲「Deadly Drive」を使用した予告編も公開。原作者全面協力によるオリジナルストーリーも解禁され、映画に登場する新キャラクター・澁澤龍彦は声優の中井和哉が担当することも決定した。

【動画】オープニングテーマ曲を使用した予告編

 中島敦、太宰治、芥川龍之介...文豪の名を懐いたキャラクターたちが、著作にちなんだ"異能力"で駆使するバトルアクション。2013年より『ヤングエース』(KADOKAWA)で連載中の朝霧カフカ氏(原作)、春河35(作画)による同名漫画が原作。16年には、シリーズ構成・脚本に脚本家の榎戸洋司氏を迎えて制作されたテレビアニメーションが2クールにわたり放送された。また、文豪ゆかりの地や文学館とのさまざまなコラボレーション企画も実施され、ソーシャルゲーム化や舞台化など、幅広いメディア展開が続いている。

 コミックでは描かれていない、脚本・榎戸氏、脚本協力・朝霧氏による映画のストーリーは、ヨコハマの裏社会に血嵐吹き荒れた「龍頭抗争」から6年後。不可解な「霧」のなか、異能力者が自らの力を用いて命を断つという事件が世界各国で発生し、500人を越える死者を生んでいた。内務省異能特務課は、これを「異能力者連続自殺事件」と命名。武装探偵社に、関与が疑われる謎深き異能力者・澁澤龍彦の確保を依頼する。しかし、時を同じくして太宰が消息を絶つ。さらに、事件の背後には魔人・フョードルの影がゆらめき...。異能力者たちに次々と襲い掛かる、かつてない強敵。街が大いなる悪夢に飲みこまれんとするなか、敦は泉鏡花と共に澁澤の居城へ走る。だが、そこに現れた芥川から思いもよらぬ真実を告げられ...。

 公式サイトではストーリーの「ロングver.」を公開中。

■キャスト
中島敦...上村祐翔
太宰治...宮野真守
芥川龍之介...小野賢章
中原中也...谷山紀章
泉鏡花...諸星すみれ
国木田独歩...細谷佳正
江戸川乱歩...神谷浩史
谷崎潤一郎...豊永利行
宮沢賢治...花倉洸幸
与謝野晶子...嶋村侑
谷崎ナオミ...小見川千明
福沢諭吉...小山力也
森鴎外...宮本充
エリス:雨宮天
織田作之助...諏訪部順一
坂口安吾...福山潤
フョードル・D...石田彰
澁澤龍彦...中井和哉

■スタッフ
原作:朝霧カフカ/春河35(KADOKAWA『ヤングエース』連載)
監督:五十嵐卓哉
脚本:榎戸洋司
脚本協力:朝霧カフカ
キャラクターデザイン・総作画監督:新井伸浩
アニメーション制作:ボンズ

■公式サイト
http://bungo-stray-dogs.jp/