【西郷どん】鈴木亮平、桜島に向かって「チェスト!」 メインビジュアル完成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2018年1月7日スタート、大河ドラマ『西郷どん』メインビジュアル完成。主演は鈴木亮平(C)NHK

 来年1月7日よりNHKで放送開始となる大河ドラマ『西郷(せご)どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか、全50回)のメインビジュアルが完成した。主人公・西郷隆盛役の鈴木亮平が、大声で「チェスト!」と叫んでいるような躍動感あふれるビジュアルになっている。

【写真】ドラマの舞台となる鹿児島市内、桜島など

 「チェスト」とは、鹿児島で掛け声としてよく使われることば。題字&メインビジュアル&タイトルバックの制作を手掛けたL.S.W.F(LAND SKY WATER FILM)によるコンセプトは、「大地のエネルギーに満ちた鹿児島、そしてその象徴とも言える桜島にてまだ見ぬ未来に向かって、桜島に負けないエネルギーをほとばしらせる若き西郷どんを表現しました」。

 L.S.W.Fは、海を中心とした自然をフィールドとして活動し、アートディレクション・撮影・デザイン・空撮・水中撮影などを武器に個々の持っている独自な観点とスキルを生かした作品を創るクリエイティブ集団。

 ドラマは、作家・林真理子氏が『本の旅人』(KADOKAWA)で連載中の『西郷どん!』を原作に、連続テレビ小説『花子とアン』(同局)、『Doctor X外科医~大門未知子~』(テレビ朝日)などを手がけた中園ミホ氏が脚本を執筆。薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開き、明治維新の立役者でありながら、最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く。

■プレサイト
http://www.nhk.or.jp/segodon/