20周年ベテランアーティストが提言、「盛ってるオジサンは格好良くない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
今年でデビュー20周年を迎えたSkoop On Somebody 写真:草刈雅之 (C)oricon ME inc.

 今年でデビュー20周年を迎えた2人組ユニット・Skoop On Somebody。かつては、方向性を模索してユニット名を変えたことも、メンバーの脱退も乗り越えたこともあった彼らは、節目の年に何を思うのか? 「二人合わせて100歳超えのグループ」になった今、若い世代との付き合い方、大人の音楽の聴き方についても語る。

【写真】はるな愛が"大西賢示"と熱愛? SOSと異色コラボ

◆二人合わせて100歳超えのグループ

――今年でデビュー20周年を迎えましたが、心境は?
【TAKE】デビュー当時、僕らはその頃の日本の音楽シーンにない音楽をやろうと思って上京したんです。日本にR&Bを広めた久保田利伸さんと同じレーベルからデビューできて、いきなり海外レコーディングも経験した。でも、アルバム3枚目くらいで「これ、誰に届いているの?」という現実を見たんです。その頃、名前をSkoopからSkoop On Somebodyに改名し、今度は自分たちが広がることに目を向け始めたんですよね。そうしていろんなことをやってきたからこそ、今のSkoop On Somebodyがある。その感謝をまずはファンの人に伝えるには何がいいのかを考えて作ったのが、今回のアルバム『State Of Soul』なんです。
【KO-ICHIRO】「やっぱ好きやねん、これしかないねん!」というものを入れたアルバムというか。根っこにあるのは、どうしようもないソウル。でも、音だけは今の時代の音じゃなければいけない。二人合わせて100歳超えのグループになっていますしね?
【TAKE】101歳です(笑)。
【KO-ICHIRO】特に今年は、応援してくれるファンともライブで会うことが多くて、その中で僕たちに求めてくれているものがよくわかったんです。今まで変化球を投げてもみたけれど、やっぱりズドンと直球を投げてほしいよね、という確認ができて。それによって音は新しく、やることはシンプルになった。
【TAKE】そう。若い人には「盛れる」という強さがあるけど、盛ってるオジサンは格好良くないと思うんですよね(笑)。

◆本当のことを知らないと、年寄りはダメになっていく

――どんなリスナーを想定していますか?
【TAKE】自分と同年代の人に「最近どんな音楽を聴いているの?」と聞くと、「何を聴いていいかわからないから、何も聴いていない」と言うんです。だから僕らは、そんな大人たちのために音楽を作っていきたい。それを覗いてくれる若い人たちがいてもいいんだけど、僕らはまず、「大人が楽しめばいいんだよ!」というライブ、アルバムを作っていけばいいんじゃないかなと考えました。このアルバムは、そういう大人だけの空間、秘密の居場所みたいなものになればいいと思いますね。

――若い世代についてはいかがですか?
【TAKE】若いスタッフと一緒に仕事をすることも多いんですが、そのときに最初に言うのが、「気を使わないでほしい、本当のことを言ってほしい」ということ。本当のことを知らないと、年寄りはダメになっていくと思うんですね。40代は40代のアンテナしか張れないし、50代は50代のアンテナしか張れない。ただ、若い人と本気で向き合うことによって、いろんなアンテナを増やすことはできる。だから、若いスタッフから「こんなんヤバくないっすか?」と音楽を紹介されて、「ヤバいね!」なんて会話をしています(笑)。「元ネタはプリンスなんだよ」と教えつつも、技術的な部分もあるから、過去の音より今の音の方が良かったりする。そうして時代は新しく塗り変わるから、「良くなっている」と言えないといけないんだと思います。僕らは、常に「今の人たちに何を届けられるか?」を考えるべきだし、メジャーという場所はそれができる場所だと思います。

――この節目に、強く思うことはどんなことですか?
【TAKE】このアルバムは、僕らにとってゼロ点だと思うんです。冷静に、「これを作るために東京に来たんじゃないか」とさえ思えるんですよ。音楽的な壁にぶつかったり、メンバーが抜けたり、それこそ語りきれないくらいいろいろなことがありました。でも、KO-ICHIROと話すたびに、「応援してくれる人のために続けるべきだ」という結論になって、今に至ります。20年という長い年月かかったけど、このゼロに戻るための20年なんだとしたら、すごく意味があったなと思う。デビューした頃はすごく肩に力が入っていたけれど、今はすごく自然に「僕とKO-ICHIROから生まれるもので幸せになってくれるなら、それだけでいい」と思えている。そこにやっと到達できて、今度はそこから何ができるだろう?って、今すごく楽しみです。
(文:川上きくえ)