中山秀征夫妻、19年ぶり夫婦2ショット「2人で並んで出るのは結婚式以来」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2017』授賞式に出席した(左から)白城あやか、中山秀征 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いタレントの西川きよし(71)、西川ヘレン(71)夫妻、タレントの中山秀征(50)、元宝塚歌劇星組トップ娘役の白城あやか(50)夫妻が13日、理想の有名人夫婦に贈られる『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2017』を受賞し、都内で行われた授賞式に出席した。

【動画】中山夫妻、初「あーん」披露 公開キスも!

 同賞は毎年、理想の夫婦・カップルにふさわしい2人をネットで公募し、得票数と社会背景を基に選出。1998年に結婚した中山は「こればかりは一人で頂けない賞。20年前の結婚式を思い出す気分です。こうやって2人で並んで皆さまの前に出るのは、(1998年の)結婚式以来」と喜びながら明かし「いつも家にいる家内とは違う緊張感がありますね(笑)。師匠たちのような素敵な夫婦になっていきたい」とほほ笑んでいた。

 多くのフラッシュを浴びた2組は“ほっぺにチュー”“あ~ん”のリクエストにも照れながら応じていた。中山が「あ~んされるのは結婚して初めて」と笑うと、白城も「そういえばなかった。初体験でした」と頬を赤らめていた。

 また、今年で結婚50週年を迎えた西川夫妻。きよしが「お互いに喜び合いながら支え合いながら、50年いろんなことがあった。でもヘレンは頑張ってくれた」と笑顔で語ると、ヘレンは「本当におふたりが結婚したときの気持ちを忘れないで支え合いながら50年を迎えたれて感謝の気持ちでいっぱいです」と感慨深げに話していた。