前川清 『監獄のお姫様』本人役でキョンキョンとデュエット あびる優は“シャブの売人”役起用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
TBS系連続ドラマ『監獄のお姫さま』に出演するあびる優 (C)TBS

 歌手の前川清が、21日放送の小泉今日子主演TBS系連続ドラマ『監獄のお姫様』(毎週火曜 後10:00)第6話に出演することが、わかった。前川は小泉演じる主人公・馬場カヨたちが収監されている「自立と再生の女子刑務所」内での“母の日慰問コンサート2014”に本人役で登場する。カヨとのデュエットシーンもあり、歌声を披露する。

【写真】“シャブの売人”役で出演するあびる優

 同ドラマは人気脚本家・宮藤官九郎が手がけ小泉今日子演じる主人公・馬場カヨのほか満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂らが演じる元・囚人のおばさんたちが過去に同じ刑務所にいた仲間の冤罪を晴らすため、イケメン社長を追い詰めていくストーリーをコミカルに描く。

 また、タレントのあびる優が、「自立と再生の刑務所」に新たに収監された“シャブの売人”「オバケ」役で出演することが決定。「オバケ」は関東極端会の「姐御」こと明美(森下)の組にいた女。明美はオバケから、夫で組長の鉄也(高田純次)が明美を裏切って、若い嫁をもらって新しい組を立ち上げたことを聞く。物語も後半にさしかかりおばさんたちが巻き起こす騒動に新たなスパイスが加わる。