実写映画『銀魂』続編来年夏公開へ 小栗旬「もう銀髪にしたくない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『銀魂』のブルーレイ&DVDリリース記念イベントに出席した小栗旬(C)ORICON NewS inc.

 俳優の小栗旬主演で空知英秋氏の人気漫画を実写し、今年7月に公開された映画『銀魂』の続編『銀魂パート2』(仮)の制作が決定した。16日、都内で行われたブルーレイ&DVDリリース記念イベントで発表されると客席から大きな歓声が起こり、1作目で脚本・監督を務めた福田雄一氏は「満足できる脚本があがった」と報告。主人公・坂田銀時を演じた小栗は「なるべく自分の出番が少ないといいな」と冗談めかしつつ「ただ本当に銀髪にしたくない」と苦笑した。2018年夏休み公開。

【写真】地毛を銀髪にした小栗旬 橋本環奈はオレンジに

 同作の舞台は、宇宙からやって来た天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸。万事屋を営む風変わりな侍・坂田銀時(小栗)と仲間たちの周りで起こるさまざまな事件をコミカルに描き、映画1作目では“紅桜篇”のエピソードを中心に実写化した。最終興行収入38.4億円のヒットを記録し、2017年の邦画実写映画No.1(※11月7日時点)となった。

 小栗のほか、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、長澤まさみ、岡田将生、堂本剛ら豪華キャストが出演し、劇中キャラクターのエリザベスの声は山田孝之が担当。脚本・監督の福田雄一氏らしいギャグやパロディーが何度も登場し、“鼻ホジ”シーンに果敢に挑んだ橋本、衝撃的な姿を披露する中村勘九郎など、キャストたちの熱演も話題を呼んだ。

 1作目で地毛を銀髪にして撮影に臨んだ小栗は「もう銀髪にはしたくないです。大変でしたね。最後の方は毛が切れてなくなっちゃって、途中から足したりして」と振り返り、福田監督も「10段階ぐらい毛の量が違うはずです」と裏話を披露した。

 そんな苦労もあり、小栗は「福田さんからぼそっと『小栗くんあれだよね、下の毛は銀いけるよね?』って言われて、『俺また銀髪にしないといけないのか』って思った。ここまで伸びるのに結構時間がかかった。染めるとその後切らないといけないので…」と渋りつつ、「皆さんに楽しんでもらえるものを作りたい」と意気込んだ。