浜崎あゆみ、過労による急性気管支炎 公演中止で謝罪「叱咤激励の言葉全て胸に」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
浜崎あゆみ (C)ORICON NewS inc.

 歌手の浜崎あゆみ(39)が17日、宮城県仙台市の東京エレクトロンホール宮城で開催が予定されていた『ayumi hamasaki Just the beginning 第2章 ~sacrifice~』の公演を急性気管支炎のため急きょ中止した。きょう18日に浜崎は自身のツイッターを通じて謝罪の言葉とともに「私は歌うこと以外何にも出来ません。だからまた絶対に歌いに戻って来るから、その日までどうか待っていて下さい。愛しています」とファンにメッセージした。

【写真】大胆肩出しワンピで...浜崎あゆみが約4年ぶりにバラエティに出演

 サイトでは「台風によるツアースケジュールの変更が重なったこともあり、本日医師より過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップがかかりました」と、経緯を説明し「今日の日を楽しみにして頂いていた皆様には多大なご心配・ご迷惑をお掛けしましておりますことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 続けて「ayuや一座メンバー、全スタッフでどうにか節目である今日の30公演目を実現することはできないものかとギリギリまで対応していた為、中止のご報告が大変遅れましたことも重ね重ね深くお詫び申し上げます」とし「振替公演を実現させるために全力を尽くして参りますので、今しばらくお待ちくださいませ!!!!!!」と伝えている。

 浜崎もツイッターを通じて「自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません。皆様からの叱咤激励の言葉全て胸に刻みます」とつづり「また、涙しながら会場を後にする皆をメンバー全員が出口に並び最後までお見送りをしていたとも聞きました。どんな想いで居たのか...言葉になりません」と心境を吐露。「そして何より今日のステージを糧に様々な事を乗り越えて集まってくれた仙台の皆様、本当に申し訳ありませんでした」とファンに謝罪した。