3児の母・辻希美、モー娘。ライブでミニスカ熱唱 現役メンバーとコラボ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。~』にサプライズ出演した(左から)田中れいな、高橋愛、辻希美、道重さゆみ

 タレントの辻希美(30)が21日、東京・日本武道館で行われた14人組アイドルグループ・モーニング娘。’17による『モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。~』公演にOGメンバーの高橋愛(31)、道重さゆみ(28)、田中れいな(28)とともにサプライズ出演した。3児の母であり今年で30歳となる辻だが、ミニスカートのアイドル衣装で現役メンバーとともに元気いっぱいにパフォーマンス。大歓声を巻き起こすも「終わってすぐ何もしゃべれない…」と息切れした様子で感想を語った。

【ライブ写真】アイドル衣装を着こなす辻希美

 ライブ中盤、辻以外の3人が道重と田中の加入デビュー曲である「シャボン玉」「リゾナントブルー」で一足先に姿を見せると、約1万人のファンは大興奮。サブリーダーの飯窪春菜(23)が「先輩に負けないという気持ちでやらせていただきました」と宣言したとおり、現役14人とOG3人のプライドをかけた熱いダンスパフォーマンスに会場は大盛り上がり。さらに前リーダーの道重と現リーダー譜久村聖(21)が「好きだな君が」を道重の卒業公演ぶりに歌唱して沸かせた。

 そして佐藤優樹(18)、工藤遥(18)が歌う「ロボキッス」で辻が登場。同曲は、加護亜依(29)と辻によるユニット“W(ダブルユー)”の楽曲でもあり、まさかの本家登場に会場を揺らすほどのどよめきが起こった。辻にとってはドリームモーニング娘。として出演した2012年3月以来の同所でのステージで、現役メンバーとのパフォーマンスは初めて。「30歳でも『ロボキッス』やったよ!」と胸を張る辻は「みんながペンライトを下げたらどうしようかと思ったけど…30でも頑張ってます!」と自虐を交えながらもアピールした。

 辻といえば現役時代は“問題児”として名をはせていたことを小田さくら(18)が突っ込み、マイペースキャラの佐藤と「どっちが問題児?」と質問すると、辻は「まーちゃん(佐藤)は本当に手がかかる」と苦笑。佐藤は「辻さんには言われたくない!」と否定したものの、辻は「もう一緒でいいから、一緒にユニット組む?」とアイドル復活にノリノリだった。

 このほか、30日に配信限定でリリースされる「五線譜のたすき」など全22曲をパフォーマンス(メドレー1曲換算)。12月11日のツアーファイナルでは工藤が卒業予定となっていることから、譜久村は「この14人でのパフォーマンスは残りわずかとなりますが、精いっぱい頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」と感慨深げに呼びかけていた。