リケジョの憧れ、"未来のノーベル賞候補" 33歳の女性工学研究者に密着

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
11月21日放送、関西テレビ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』“未来のノーベル賞候補”として期待される工学研究者・玉城絵美さんに密着(C)関西テレビ

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00~11:30)。21日放送分では、"未来のノーベル賞候補"として期待される工学研究者・玉城絵美さん(33)に密着する。

【写真】スタジオトークの4人

 玉城さんは、HCI(Human Computer Interaction)と呼ばれる「人とコンピュータの相互作用」を研究するリケジョで、東京大学で成績優秀者などに与えられる総長賞を受賞し、総代も務めたほどの才女。彼女が開発した「ポゼストハンド」は人の手をロボット化する革新的なツールで、2011年にアメリカのTIME誌が選ぶ「世界の発明50」に選出された。また、ノーベル賞を受賞した天野浩氏や山中伸弥氏と同じように、国立の研究機関が選定する「ナイスステップな研究者」にも選ばれ、"未来のノーベル賞候補"として期待を集める。

 現在は、早稲田大学創造理工学研究科の准教授として学生への指導や研究を行うだけでなく、内閣府の専門調査会に出席したり、創業メンバーでもあるベンチャー企業での研究開発など、多忙を極めるが、研究にのめり込むきっかけは幼少期の闘病体験にあった。

 先天的な心疾患のため長期入院した経験がある一方、彼女の口からは、しばしば「引きこもりたい」という言葉が発せられる。その意味を解き明かしながら、彼女を研究へと駆り立てる原動力に迫っていく。

 若くして活躍する研究者として、理系を目指す女子学生たちにとって憧れの存在である玉城さんは、女性としてのオシャレも欠かさない。カメラは忙しい彼女の自宅での意外なリラックス方法、寝る前に必ずしていることなど、プライベートの姿も映し出す。日本が誇るリケジョの彼女が思い描く理想の世界とは? そしてセブンルールとは?