GLAYジャケ写の背中は沢村一樹「顔が映らない撮影は初めて」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
GLAY新曲ジャケット写真の男性は沢村一樹だった

 ロックバンド・GLAYのニューシングル「WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~」(22日発売)のジャケットに、俳優・沢村一樹が"後ろ姿"だけ登場していることが21日、わかった。

【写真】顔が映らない撮影を快諾した沢村一樹

 今作は配信用とCD用で異なるデザインとなっているが、双方に手をつないで歩くカップルの後ろ姿を使用。10月27日にジャケット写真が公開されると、公式サイトでは「女性の手を握る男性の後ろ姿、どこかで見たことがある気がしないだろうか」と投げかけ、ファンの間で男性の正体は誰なのか、予想が繰り広げられていた。

 発売日を迎え、正解は本人から。「ジャケットの表紙を今回やらせていただいたのは私、沢村一樹でした」。沢村主演のテレビ東京系ドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(毎週金曜 後8:00)の主題歌にGLAYのニューシングルのリード曲「あなたといきてゆく」が起用されたことが縁で実現した。

 沢村は「顔が映らない撮影は初めてのことでして、新鮮で面白いなと思いお受けさせていただきました」と異例のオファーを引き受けた理由を説明。主題歌については「ふんわりとした優しさや雰囲気を感じ、また僕が出演しているドラマの世界観にもぴったり合うなと感じました。そして曲のタイトルからも、TAKUROさんの思いや伝えたい気持ちを感じ、すごく良いなと思いました」とのコメントを寄せた。