天海祐希、数学者・岡潔の生涯をドラマ化で主演 佐々木蔵之介と11年ぶりの夫婦役

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来春放送予定の読売テレビ・日本テレビ系 読売テレビ開局60年記念ドラマ『天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~』に出演する佐々木蔵之介と天海祐希 (C)読売テレビ

 女優の天海祐希が来春放送予定の読売テレビ開局60年記念ドラマ『天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~』に主演することがわかった。天才数学者・

【写真】天才数学者を支える妻を演じる天海祐希

岡潔(おか・きよし)の夫婦の人生を描く同作で、天海は数学に打ち込む夫を支える妻・みち役。みちが「きよっさん」、みちを「みっちゃん」と呼ぶ最愛の夫・潔には俳優・佐々木蔵之介が起用され、2人は11年ぶりに夫婦役を演じる。

 大阪生まれの岡潔はフランス留学時代に生涯の研究テーマとなる多変数解析函(関)数論における「ハルトークスの逆問題」と出会い、約15年の歳月をかけて解決。岡の難解すぎる数々の研究成果は、国内でなかなか理解されなかったが、世界的な評価の高まりとともに、日本でも認められるようになる。そして1960年文化勲章受賞。その裏で彼に振り回されながらも愛を貫いた伴侶・みちの目線から波乱万丈のヒューマンストーリーを描く。

 大阪出身で「普通」なものを好まない変わり者・みちを演じる天海は「台本の中に出てくるみちさんは天真爛漫で、潔さんのことを、一途に心配して、自分が守るんだと言う気概を持って生きていらして、本当に素敵な女性だなと思います」と尊敬を表す。一方で岡潔の偉業を知る人も少ないことから「これだけの方のことを知らない方が多いのは、大変残念なことですので、これを機に、たくさんの方に観ていただいて、こんな素敵な御夫婦がいらしたということを知っていただけたらと思います」と呼びかけている。

 また佐々木のことは「蔵ちゃん」 呼びするほど仲良しの天海は「お互いに歳も重ね、色々な経験もしているので、さらにいいお芝居でぶつかり合うことができたらと思っています」と意気込み。「蔵ちゃんは、とても魅力的な役者さんですし、何でも話せ、演技の相談もできます。芝居でぶつかっていっても受け止めてくれる達者な方です。心も力もある方なので本当に安心してお芝居させていただいています。以前よりも、更に良い作品を一緒に作って行けそうな気がしています」と自信をみせる。

 一方、「天海祐希さんとは共演経験も多く、全面的に信頼をしています」という佐々木は「役者同士、今何が一番有効な表現方法なのかというのを、建設的に、気兼ねなく話せます。同い年ですが、天海姉さんについていきます 笑」とよりパワーアップした掛け合いも期待できそうだ。