"キミスイ"の浜辺美波、主演ドラマで"賭け狂い"の女に変貌

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
浜辺美波主演で『賭ケグルイ』実写ドラマ化(C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS

 女優の浜辺美波が、MBS・TBSドラマイズム枠で1月より放送が決定している『賭ケグルイ』の主人公・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)役で主演することが明らかになった。

【画像】原作者の描き下ろしイラストコメント

 今年、映画『君の膵臓をたべたい』で重い病を患うヒロインを演じて高い評価を集めた浜辺。今回、演じる蛇喰夢子は、普段は上品でお淑やかだが、いざギャンブルが始まると、その常人離れした洞察力、記憶力、交渉力で相手を翻弄し、極限のリスクを負う勝負をしかけ、最終的に相手を破滅に追い込む"賭け狂い"の女。"かわいらしさ"と"狂気"の二面性を持つ唯一無二の人気キャラクターを浜辺がどのように演じるのか。

 初日の撮影を終えた浜辺は、「夢子ちゃんは、今まで演じたことがない個性的なキャラクターなので、不安もありましたが、とても楽しみでした。英監督は役者さんのお芝居が面白いとよく笑ってくださる方なので、もっと弾けて、監督を笑わせたいと思います。全力で、1シーン1シーン、1カット1カット、精一杯演じていきたいと思います。皆さん、ぜひ一緒に賭ケグルイましょう!」と意気込みを語っている。

 英勉監督も「撮影初日から、出し惜しみせずいろいろやってくれて、とても良かったです。でも、まだまだ持っていますよ、奴は」と夢子を演じる浜辺の引き出しに大きな期待を寄せている。

 同ドラマは『ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で連載され、アニメ化もされた漫画『賭ケグルイ』(原作:河本ほむら、作画:尚村透)が原作。政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園では、"ギャンブルの強さ"で生徒が階級付けされていた。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。そこへ、一見するとお淑やかだが、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂い蛇喰夢子が転校してくる。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送り込み、壮絶な駆け引きと騙し合いの心理バトルを仕掛けていく。

■放送情報
ドラマ『賭ケグルイ』
MBS:1月14日スタート、毎週日曜 深0:50~
TBS:1月16日スタート、毎週火曜 深1:28~