青木裕子、思い出の『めちゃイケ』終了に寂しさ 夫・矢部とは前向きに会話

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ファーウェイ・ジャパン新製品発表会に出席した青木裕子 (C)ORICON NewS inc.

 フリーアナウンサーの青木裕子(34)が28日、都内で行われたファーウェイ・ジャパン新製品発表会に出席。夫のナインティナイン・矢部浩之(46)がレギュラー出演している、フジテレビのバラエティー『めちゃ×2イケてるッ!』(毎週土曜 後7:57)が来年3月で終了することについて「岡村(隆史)さんが夫に伝えた後に(夫から)聞きました」と笑顔で明かした。

【アップショット】レースワンピで登壇したマギー

 25日放送の同番組では、矢部が青木と2人の子どもに『めちゃイケ』終了を告げる場面が放映されていたが「それ(番組終了)について何か話したという訳ではないんですけど、結婚発表も番組でさせてもらいましたし、家族で出させてもらっていたので、とても思い出深い番組です」とさみしそうにポツリ。「でも、夫とは『時間に余裕ができるね』とも話しています」と前向きに捉えている様子だった。

 この日のイベントでは、夫とのなれそめについても「ちょうど、クリスマスの日に私の用事と夫の用事が同じくらいの時間に終わったので『軽く一杯、飲みに行こうか?』という流れで飲みに行ったら、付き合おうという流れになりました」と告白。今では2児の母として奮闘する日々を送っているようで「長男が幼稚園に入ったり、下の子が1歳になったりと、今年はいろんなことがありました。2人ともしっかりしてきたので、来年は少し自分の時間も作れたら」と打ち明けていた。

 発表会にはそのほか、タレントのマギー、同社の日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏も出席した。