尼神インター、にゃんこスターに激怒「芸人なめんな」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
29日放送の日本テレビ系『1周回って知らない話SP』に出演する尼神インター (C)日本テレビ

 お笑いコンビ・尼神インターとにゃんこスターが29日放送の日本テレビ系バラエティー番組『1周回って知らない話SP』(後7:00)に出演。“1周回った女芸人界”としてフォーリンラブ・バービー、平野ノラらがMCの東野幸治、アシスタントの川田裕美アナとトークを繰り広げるなかで、『キングオブコント2017』で準優勝したにゃんこスターと、今年人気を集めた尼神インターが大激突する。

【写真】にゃんこスター、バービー、ノラらも登場

 どうやら、にゃんこスターがコンビ内で付き合っているのが気に食わない尼神・誠子は「男受けしそうな格好しやがって!」とアンゴラ村長に嫉妬全開。相方の渚も、にゃんこスターが「破局したら解散」と宣言していることについて、「芸人なめんなよ」と真正面からケンカを売り始める。しかし、当のアンゴラ村長はそんな2人を「古い」と一蹴する余裕をみせる。

 尼神インターの2人の怒りは留まることを知らず、渚は大先輩のハイヒール・リンゴについても「しばきたいリストナンバーワン」とぶっちゃける。若手のトークを邪魔して笑いを取りに来るリンゴの姿勢を猛烈批判。さらには相方・モモコが食事会でまったく金を出さないことも非難する。そこへ、直接対決をしてもらおうと、東野がハイヒールを召喚。新旧女芸人による舌戦の行方はいかに…。

 そして番組は1950年代から始まる錚々(そうそう)たる女芸人たちの歴史を貴重なVTRを交えて紹介。このほか、女芸人たちの中にはネタでブレイクした後、意外な仕事を始めた人たちとして鳥居みゆきとだいたひかるがスタジオに登場。狂気的なネタで注目を集めた鳥居は、なんと絵本作家デビューしており、「心の成長」をテーマにした本格的な内容にスタジオ中から驚きの声が上がる。

 また、女芸人35人の両親に緊急アンケートを実施。「娘が芸人になると言ったときどう思ったか」「結婚についてどう考えている?」などの質問について、アンゴラ村長の厳格な父親は結婚にはキッパリ「反対!」と回答。相方と交際宣言しているアンゴラ村長との温度差が明らかになる。