窪塚洋介、パパ賞に照れ笑顔「愛のフォーメーションを楽しんでいます」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『第10回 ペアレンティングアワード』の授賞式に出席した窪塚洋介 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の窪塚洋介(38)が11月30日、都内で行われた『第10回 ペアレンティングアワード』の授賞式に出席。2児の子を持つ窪塚は「パパ部門」で受賞し、記念品を受け取ると「ありがとうございます。頂きます」と、少し照れた様子で笑顔を浮かべた。

【写真】「カップル部門」を受賞した近藤千尋、ジャンポケ太田夫妻

 同賞は、2017年に育児業界へ影響を与えた著名人、ヒット商品や出来事などを、育児雑誌5誌が選定。窪塚は2003年、前妻とのあいだに長男が誕生。15年12月にPINKYと再婚し、今年6月に第2子となる長女が誕生。自身のインスタグラムでは、子育ての様子なども投稿している。

 受賞を喜んだ窪塚は「きょうは赤ちゃんと来てまして、一緒に登壇しようと思ったんですけど、よく見たら(同賞を受賞した爆笑問題の)田中(裕二)さんに似てるということで、急きょ一人で登壇しました。玉は2つあります」とジョークで場を和ませる一幕も。

 さらに「パパアワードを誰かからもらうというのは何か変な気分。それを決めるのはうちの子どもなんじゃないかと思う」と切り出すと「子どもに『パパ賞をもらうことになった』と話しました。そうしたら長男は若干、照れ気味に『まぁパパはいいお父さんだと思うで』と、ボソッと言ってくれました」とうれしそうに明かした。

 子育ての話題が及ぶと「うちの子どもには『楽しんで生きていこう。みんな違って、みんないい』と言い聞かせてます。あとは行動がすべてだと思ってます」と、ポリシーを語り「変わった家族のフォーメーションになってる時はあるけど、誰に説明するためでもないので、自分たちの愛のフォーメーションを楽しんでいます」とほほ笑んでいた。

 窪塚のほか、「カップル部門」をジャングルポケットの太田博久(33)、モデルの近藤千尋(27)夫妻、「スポーツ部門」をプロレスラーの棚橋弘至(41)、プロサッカー選手の大久保嘉人(35)、「パパ部門」を爆笑問題の田中裕二(52)、「ママ部門」を柔道家の松本薫(30)が受賞した。

 窪塚と共に「パパ部門」を受賞した田中は、2015年にタレントの山口もえ(40)と結婚し、50歳を超えて3児のパパとなった。この日も「窪塚くんと裏でベビー用品について話してた」といい「2年前には想像しなかった。人生面白いですね、楽しんでます」と笑っていた。