小泉孝太郎&荻原次晴、テレ東冬季五輪キャスターでタッグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ東京で平昌冬季五輪の模様を伝えるキャスター陣(左から)鷲見玲奈、小泉孝太郎、荻原次晴、福田典子(C)テレビ東京

 俳優の小泉孝太郎が、テレビ東京の「ピョンチャンオリンピック2018」メインキャスターに決定した。昨年のリオデジャネイロ大会で初めてオリンピックのメインキャスターを担当した小泉が、来年、韓国・平昌(ピョンチャン)で開催される冬季大会の模様も伝える。

【写真】ノルディック複合の渡部暁斗選手

 小泉は「昨年夏のリオに続き、冬のオリンピックでもメインキャスターを務めさせていただくことになり、感激しております。現地は大変寒いと聞いておりますが、現地の熱気を熱~くお伝えしたいと思っております」とコメント。

 フィールドキャスターとして、1998年長野オリンピック日本代表の荻原次晴が決定。「出場した長野大会から早いもので20年。ひとつの節目に、今回も現地から選手たちの活躍をお伝えできると思うと、今からワクワクしています」と感慨もひとしお。2014年のソチ大会でもテレビ東京のキャスターを務めており、ノルディック複合で渡部暁斗選手が銀メダルを獲得した試合のテレビ解説を担当。「ソチ大会では不覚にも"号泣"してしまいました。ピョンチャンでも感動のシーンにたくさん出会える予感がしています。小泉孝太郎さんはじめ、スタッフの皆さんと思いをひとつにして頑張ります」と話している。

 テレビ東京の鷲見玲奈、福田典子両アナウンサーもキャスターに決定した。