『真田丸』兼続から豹変した村上新悟、面堂磨郎左衛門の姿で「高専ロボコン」参上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大河ドラマ『真田丸』直江兼続役で注目された村上新悟は小山高専出身。ドラマ『大江戸ロボコン』の面堂磨郎左衛門の姿で全国大会に生出演する(C)NHK

 昨年の大河ドラマ『真田丸』で直江兼続役を好演した俳優の村上新悟が、あす3日に東京・有明コロシアムで開催される『高専ロボコン2017・全国大会「大江戸ロボコン忍法帳」』に面堂磨郎左衛門の姿で応援に駆けつけることになった。

【写真】ロボットで相手の風船を割れ!アイデア対決の模様

 面堂磨郎左衛門とは、先月27日よりNHK・Eテレ『Rの法則』内で4日連続放送されたドラマ『大江戸ロボコン』で村上が演じたからくり人形師。珍妙なメイクと西洋からくり「どくろべえ」(動作拡大スーツ)を操り、視聴者にインパクトを残した。

 今年の『高専ロボコン全国大会』は、はじまってから30年の記念大会。地区大会を勝ち抜いた26チームが出場し、それぞれ工夫を凝らして手作りしたロボットでゴム風船を割り合う“チャンバラ”を繰り広げる。大会の模様は、NHK総合で午後3時5分から生放送される(午後5時まで)。

 村上は、出場チームの一つ、小山高専の出身。10月に行われた関東甲信越地区大会にも足を運び、高専生たちを応援してきた。“高専魂”を持つ村上がOB目線でどのようなコメントをするのかも楽しみの一つだ。

 当日は、村上だけでなく、この1年、ロボコン応援団長としてロボコニストを取材・応援してきた哀川翔が忍者の親分の格好で、応援リーダーの吉本実憂はドラマ『大江戸ロボコン』で演じたひさの着物の衣装で登場する予定。古橋舞悠、石田桃香も番組リポ―ターとして出演する。実況はNHKの松尾剛アナウンサー、司会は同・魚住優アナウンサー。

 今年は初のインターネットによるライブストリーミングも実施(前10:45~後6:00)。配信版のMCは、池澤あやか、土佐信道。ゲストとしてハマカーン(浜谷健司・神田伸一郎)、Rの法則R'sメンバーの浜田彩加、塩谷満平、花音、すイエんサーガールズの恩田乃愛、齋藤茉日、横田真悠が出演する。

■ライブ配信アドレス
▼NHKロボコン番組ホームページ
http://www.nhk.or.jp/robocon/
▼ニコニコ生放送
http://ch.nicovideo.jp/ch1
▼Facebook Live
https://www.facebook.com/NHKonline/
▼LINE LIVE
LINE LIVEアプリで「NHKライブストリーミング」を検索、またはLINE公式アカウントで「NHK_LIVE」を検索して友だち追加