新作アニメ『SSSS.GRIDMAN』来年秋放送 グリッドマンの声は緑川光

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『電光超人グリッドマン』を原作とした完全新作テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』(2018年秋放送)(C)円谷プロ

 千葉・幕張メッセで開催中の『東京コミックコンベンション2017』(12月1日~3日)で2日、1993年に円谷プロダクションによって制作された特撮テレビシリーズ『電光超人グリッドマン』のステージイベントが行われ、同作を原作とした完全新作テレビアニメ『SSSS.GRIDMAN』(2018年秋放送)のティーザーPVとティザービジュアルが公開された。

【写真】『東京コミコン2017』ステージイベントの模様

 イベントには、『電光超人グリッドマン』の本編を監督した村石宏實氏、主人公・翔直人を演じた小尾昌也氏、アニメーション監督の雨宮哲氏、ハイパーエージェント・グリッドマンも登場した。

 村石監督は「『電光超人グリッドマン』に参加したのは今から24、5年前。あとに繋がるものが作れたという意味では、(特撮版を作って)良かったなと思います」とコメント。撮影当時15歳だった小尾氏は「すごく大変な撮影状況でしたが、そんな中でも自分は、変身後は登場しないので、そこまで忙しくなかった(笑)」と打ち明け、笑いを誘っていた。

 雨宮監督は再放送で『電光超人グリッドマン』にハマり、「敵側がとても新鮮なキャラクターで、どちらかというと敵側に気持ちが寄っていた」と語った。その作品愛は、2015年の日本アニメーター見本市で発表した『電光超人グリッドマン boys invent great hero』を経て、今回の新作アニメにつながり、「円谷プロとタッグを組んで、しっかりと作っていきます」。

 脚本は長谷川圭一氏、グリッドマンデザインは『ウルトラマンゼロ』以降のウルトラマンを手がけている円谷プロの後藤正行氏が担当する。声優についても発表があり、特撮版でグリッドマンを演じていた声優・緑川光の出演が決定。緑川はビデオメッセージを寄せ、「(特撮版のグリッドマン)に出演していた若い頃とは違って、経験を積んでいますので、新たな表現ができると思います」とアピール。村石監督も「当時の緑川さんはまだまだ若くて、今回25年ぶりに選ばれてどんなグリッドマンを見せてくれるのか。緑川君の成長を楽しみたい」と期待を寄せていた。

 なお、アニメ『電光超人グリッドマン boys invent great hero』は、来年1月24日発売の『龍の歯医者』Blu-rayに収録予定。

 特撮版『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOX(全39話収録)は12月20日に発売。発売記念イベント『電光超人グリッドマン スペシャルイベント~時空を超えた最終回~』が来年1月8日に予定されており、村石監督、小尾氏、雨宮監督が登壇し、最終回「さらばグリッドマン」を観ながら生コメンタリーなどを行う。

■スタッフ
原案:『電光超人グリッドマン』
原作:円谷プロダクション
監督:雨宮哲
脚本:長谷川圭一
グリッドマンデザイン:後藤正行(円谷プロ)
アニメーション制作:TRIGGER

■キャスト
グリッドマン...緑川光

■公式サイト
http://gridman.net