ハイテンションな松岡茉優&濃いキャラがコラボ 『勝手にふるえてろ』本編映像公開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『勝手にふるえてろ』本編映像が公開 (C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

 女優の松岡茉優主演で綿矢りさ氏の小説を実写した映画『勝手にふるえてろ』(大九明子監督 23日公開)の本編映像が4日、解禁された。原作にはない映画オリジナルのシーンで、ハイテンションな松岡の姿を収めている。

【動画】ハイテンションな松岡茉優がかわいい 『勝手にふるえてろ』本編映像

 同作は、24歳まで片思いしか恋愛経験のないOL・ヨシカ(松岡)が、突然交際を申し込んできた会社の同期「二」との“リアル恋愛”に乗り切れず、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチと再会するために同窓会を計画する…というストーリー。渡辺大知、北村匠海らが共演する。

 原作は切れ味のいいモノローグで綴られているが、“会話劇”にしたいという製作陣のこだわりにより、映画版には大きなアレンジが加わった。映画ならではの個性的なキャラクターが、ヨシカの話し相手として登場することも見どころの一つとなっている。

 今回解禁された本編映像は、会社の同僚“二”(渡辺)から突然の告白を受けたヨシカが、驚きと喜びを街中の話し相手に超ハイテンションで報告するシーン。映像の冒頭、親指をグッと立てて、「イイね!」とヨシカを見送る駅員役で前野朋哉、特徴的なコンビニ店員役で柳俊太郎、ヨシカにまくしたてられ仲よさげにしている釣りおじさん役で古館寛治(正式には外字の舘※舎官)が、ヨシカの話し相手として登場。それぞれ個性をぶつけ、テンポのよい会話を形成する。

 街中での会話シーンは同作において重要な鍵となり、そのほかにも、いつもオカリナを吹いているヨシカの隣人役に片桐はいり、ヨシカが通うおしゃれなカフェの金髪店員役に趣里、同じくヨシカが通う整体の整体師役に池田鉄洋と、個性派な役者たちが作品を彩っている。