【コミコン2017】本田翼、『ハガレン』コスプレ大会に登場 サプライズで山田涼介も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『東京コミックコンベンション 2017』にて開催された『鋼の錬金術師』コスプレコンテストに出席した本田翼 (C)oricon ME inc.

 12月1日より公開中の映画『鋼の錬金術師(ハガレン)』のコスプレコンテストが2日、『東京コミックコンベンション 2017』にて開催。同イベントには映画でウィンリィ・ロックベルを演じた本田翼、監督の曽利文彦、衣装デザインの西原梨恵、そして人気声優・朴ロ美が審査員として出席した。

【写真】本田翼も絶賛 『ハガレン』コスプレ大会に出演したレイヤーたち

 公開直後とあり、本作の話題で盛り上がる出席者たち。本田は本作のテーマである「兄弟愛を見てほしい」とアピール。曽利監督は「長い原作のテーマを表現した」と演出面を解説した。そんな中でも、アニメ版「鋼の錬金術師」でエドワード・エルリックに声を当てた朴は「スクリーンの中にエド、アル、ウィンリィがいたのが嬉しい! 原作もので難しいなか、ハートごと挑戦しているのを感じた」と熱のこもったコメントを披露。また、イベント中に出席者から「朴さん」と呼び掛けられるたびに、「違う。ろ美ちゃん」と言い直しを迫るなど、終始"朴ワールド"全開だった。

 後半にはコスプレコンテストのプレゼンターとして、本作でエドワード・エルリックを演じた山田涼介がサプライズで登場。映画について「"兄弟愛"について感じるところがあった。演じていてエドになりきれた瞬間も」と撮影の裏話を披露した。コスプレ大会については、精巧に作られた鎧姿のアルフォンス・エルリックのボディを触りながら「どうやって作っているんだろう、凄い!」と話すなど、コスプレイヤーたちのクオリティを絶賛していた。