まゆゆ「AKB48は私の人生」 総選挙は「毎年寿命が縮む怖さ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
卒業公演後、劇場通路の壁掛け写真を外した渡辺麻友(C)AKS

 AKB48の渡辺麻友(23)が26日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、ホームのファンに別れを告げた。現役最後の“元祖”神7は、終演後に報道陣の囲み取材に応じ、「AKB48は私の人生と言っても過言ではないくらいです」と笑顔を見せた。

【写真】バルコニーから沿道のファンにあいさつした渡辺麻友

 すっかりおなじみの言葉となった「神7(セブン)」は、第1・2回『AKB48選抜総選挙』の上位7人のメンバーが同じ顔ぶれだったことに由来する。2012年8月に卒業した前田敦子を皮切りに、篠田麻里子(13年7月)、板野友美(13年8月)、大島優子(14年6月)、高橋みなみ(昨年4月)、小嶋陽菜(今年4月)がグループを巣立ち、ついに最後の1人の渡辺が大みそかをもって卒業する。

 11年間を振り返って「つらかったこと」は、考え抜いた末、総選挙をあげた。「外側から見ている分には面白いものだと思うんですけど、当事者からしたらプレッシャーが半端なくて、毎年寿命が縮むような怖さを感じながら参加していました。でも自分なりに満足いく結果で終えられたので悔いはないです」とにっこり。第1回から4位→5位→5位→2位→3位→1位→3位→2位→2位と9回連続TOP5入りを果たした唯一のメンバーとあり、「本当にありがたいこと。総選挙こそファンあってこそなので、ファンの皆さんには感謝してもしきれない」と感慨深げだった。

 恒例の「恋愛解禁」の質問に対しては、「(恋愛)できたらいいな、機会があれば。全然してこなかったので、自分大丈夫かなという怖さもあるんですけど、機会があればぜひしたいです」と話したが、結婚については「あんまりイメージできていない…。仕事人間というか、お仕事に熱中しちゃうタイプで全然思い描けてないです」と明かした。

 ノースキャンダルでの卒業となり、「恋愛禁止のルールもあったので、ルールは守っちゃうタイプというか、そういうところで真面目になっちゃう性格なので、真面目に守り抜いた結果、こうなった」と説明。「そういう私を応援して、支持してくださった方もたくさんいらっしゃるので、誇りだなと思います。11年間楽しいことだけじゃなかったですし、苦しかったりつらかったりもしましたけど、今終えてみて楽しかったなと一番に思えるので、この11年間、間違ってなかったんじゃないかなと思います」と語った。

 小学6年生のときにインターネットでAKB48を見つけてからの大ファン。2006年2月、2期生オーディションに応募するも最終審査で落選。同年12月、3期生オーディションでリベンジを果たした。AKB48ファンが、AKB48のトップに上り詰めた。

 アイドルファンとしてAKB48の渡辺麻友を採点し「150点」と高得点をつけた。「11年間まっすぐ頑張ってきた自分にそれくらいつけてあげてもいいかなと思います」といい、「12歳で入って、人生の半分はAKBなので、(AKB48は)私の人生と言っても過言ではないくらいです」と胸を張った。