熊本出身の高良健吾・倉科カナ・中原丈雄、復興支援ドラマに出演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
復興をテーマにしたドラマ『ともに すすむ くまもと』熊本県出身の高良健吾、倉科カナ、中原丈雄の出演が決定

 昨年、大地震に見舞われた熊本県が行う復興プロモーション事業の第2弾として制作されるドラマ『ともにすすむくまもと』(2018年1月下旬公開予定)に、熊本出身の高良健吾、倉科カナ、中原丈雄が出演することが発表された。このほか、熊本県出身のタレントや熊本の地域の住人がエキストラとして参加し、撮影に臨む。

【写真】熊本県出身バンド・WANIMAは歌で参加

 同県では、さまざまな形での復興支援に対する感謝の気持ちを表すとともに、地震の風化を防ぎ、地元の魅力を発信し続けるために、「熊本地震からの復興プロモーション」事業を昨年より実施。第1弾として制作されたWEBムービー『#フレフレくまもと!』では、歌手の水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」を、約900人の熊本県民をはじめ、蒲島郁夫県知事、くまモン、熊本出身の著名人らが、熊本城や阿蘇など県内20ヶ所で歌いつなぎ、熊本の“今”を伝えた。

 第2弾の復興応援ドラマは、実際に熊本県内の被災地を訪れ、被災した人たちへ取材することで得たエピソードを基にシナリオを制作。震災に直面しても悲観的にならず、日々を明るく前向きに生きている人々の姿をリアルに描く、笑いあり、涙ありの人情ドラマの中に描く。

 ドラマの主題歌は、メンバー全員が熊本県出身のロックバンド・WANIMAの「ともに」。この曲のレコーディング前日に熊本地震が発生。歌詞の一節に、震災に立ち向かう故郷の人たちへのエールを込めてレコーディングされた楽曲だ。メッセージ性の強い歌詞と、彼らの力強い歌声が、ドラマを盛り上げる。