カズレーザー"笑い"への持論展開「あまり気にしていない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本テレビ公式YouTubeにて配信中の『カベフェッショナル~メイプル超合金カズレーザーの流儀~』 (C)日本テレビ

 お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが、29日に放送される日本テレビ系『エンタの神様&有吉の壁 年末は爆笑パーティーで盛り上がろう!SP』(後7:00)の『有吉の壁』パートに出演。今回、カズレーザーら出演者が意気込みをインタビュー形式で語るオリジナル動画『カベフェッショナル~若手芸人の流儀~』が5日間連続で配信されている。

【動画】意気込みをインタビュー形式で語るカズレーザー

 次世代を担う若手お笑い芸人たちが、MCである有吉弘行が用意した『お笑いの壁』に挑戦する同番組。「あなたにとって有吉の壁とは?」と聞かれるも「いっぱいある仕事のなかの一つ」と淡々と回答。

 それでも「お笑い芸人の仕事ほとんどしていないから『有吉の壁』だけがお笑い芸人(の仕事)かなって思う。同じ制限された状況でおもしろいネタを作ってるからもっとなんか思いつけばよかったと思う。あれから逃げたら芸人やってない」と思い入れを明かす。

 そんなカズレーザーだが自身にとって"笑い"とは「自分にはあまり関係ないもの」とキッパリ。「僕が笑いたいものとお客さんが笑いたいものが違うからあんまり気にしてない。そんなに意識するものでもない」と独自の考えを紹介。「『有吉の壁』の時は有吉さんを笑わせたい。有吉さんが笑うことと自分が笑うことが近い気がする」と語った。