『ガキ使』大みそか視聴率17.3% 8年連続民放首位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
(左から)月亭方正、松本人志、浜田雅功、遠藤章造、田中直樹 (C)ORICON NewS inc.

 昨年12月31日放送の日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の大みそか年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』の視聴率が、第1部(後6:30~9:00)で17.3%、第2部(後9:00~深0:30)で16.3%を記録したことが2日、わかった。同番組は今回で8年連続、大みそか同時間帯の民放首位を獲得した。(※関東地区、ビデオリサーチ調べ)

【写真】今年のテーマは『アメリカンポリス』 おなじみのバスも

 今回のテーマは「アメリカンポリス」。新人アメリカンポリスに扮したレギュラーメンバーのダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人が、大物俳優が扮する署長との対面や訓練をはじめ、さまざまな研修を実施。これまでの"笑ってはいけないシリーズ"の実績を活かしつつ、新たな面白さが加わりスケールも拡大。豪華ゲスト扮する笑いの刺客たちが仕掛けるさまざまなトラップに挑む。

 毎年注目のゲストも多彩で、新人アメリカンポリスになったメンバーの前には大物俳優扮する警察署の署長をはじめとして、板尾創路、ジミー大西などおなじみの常連ゲスト、人気俳優・女優、日本アカデミー賞俳優、有名文化人たち、スキャンダルタレント、メンバーの身内も登場。また、"笑ってはいけない"に加え、"驚いてはいけない"ブロックも設けられ、バラエティーに富んだ笑いを届けた。