【紅白】豪華絢爛!渋谷舞台映像で華やかに幕開け 初司会ウッチャン大興奮

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『第68回NHK紅白歌合戦』の紅組司会・有村架純、総合司会・内村光良(C)ORICON NewS inc.

■『第68回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 オープニングは2階建てのオープンカーに乗った紅組司会・有村架純、白組司会・二宮和也、総合司会・内村光良が渋谷駅前のスクランブル交差点から登場。二宮が「いよいよ始まりました紅白歌合戦」とあいさつし、出場歌手46組と司会の3人が総出演する豪華絢爛な「グランドオープニング」映像で幕開けした。

【リハ写真】シースルーワンピ有村架純や、キュートな衣装のAKB&乃木坂

 ミュージカル映画風の映像は、NHKホールがある渋谷が舞台。スクランブル交差点やセンター街などの名所をバックに、乃木坂46がショーケースのマネキンに扮し、街頭ビジョンでX JAPANがXポーズ、TWICEがTTポーズを。郷ひろみがSHIBUYA109をバックにジャケットプレイを決めるなど、総勢46組がリレー形式でNHKホールまで案内した。

 テーマ曲は朝ドラ『ひよっこ』の音楽を手掛けた宮川彬良氏が書き下ろし。演出はPerfumeや星野源の振付演出家で「東京2020開会式・閉会式4式典総合プランニングチーム」にも参加するMIKIKO氏が担当した。

 総合司会の内村は「なんてぜいたくなオープニングだったんでしょうか」と大興奮。有村は「紅組が一昨年、去年に続いて紅組が勝てるように頑張りたい」と意気込み、二宮は「3連覇はさせません。今年は白組が勝ちましょう!」と白組に呼びかけた。初司会の内村は「ここに立ってるのうそだろ?と思います。この景色、夢じゃないかと思います」と笑みをみせた。
 
 続けてトップバッターの白組・Hey! Say! JUMPが「Come On A My House」をパフォーマンス。紅白関係なく出場者全員でサビの振付を披露し、華やかにスタートした。