真矢ミキ、ドラマナレーション初挑戦 越路吹雪に“愛しさ”を込めて

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ朝日系帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(1月8日スタート)ナレーションを担当する真矢ミキ

 女優の真矢ミキが、テレビ朝日系帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(8日スタート、月~金 後0:30~0:50)のナレーションを担当することが明らかになった。真矢がドラマのナレーションを担当するのは初めてのこと。真矢は「好奇心いっぱいな少女時代の越路さんが本当にかわいらしくて…。そんな愛しさや温もりを込めてナレーションを読みたいなと思いました」と意気込みを語っている。

【写真】大地真央が絶賛!「ヅカメイク」で男装を披露した瀧本美織

 同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪(本名:河野美保子、愛称:コーちゃん)がたどった波乱万丈の人生と、盟友の作詞家・岩谷時子との濃密な友情を綴っていく。

 越路と同じく宝塚歌劇団で男役トップスターとして活躍した真矢は「越路吹雪さんをご存知の方もそうでない方も、古きよき時代にこういうスターが存在したという“灯”が心にともると、とても楽しいと思います。時代によってスターは変わっていくのでしょうが、“不動とはこのことよ”という力強さが感じられますし、どんな時代もパイオニアとして発信してきた人は魅力的。そういうことがひとりでも多くの皆さんに伝わると思うとうれしくて仕方がないですね。いま私の心は、少女時代の越路さんのように躍っています!」とコメントを寄せた。

 真矢は宝塚退団後、しばらく不遇の時代があったことも語り、そのとき大スター・越路さんの活躍にヒントを求め、越路さんの映像を借り集めて片っ端から鑑賞したという秘話を告白。「大好きすぎて困る越路さんを、これまた大好きな大地真央さんが演じられるなんて…私としては本当にたまらないですね! また、どんな時代もパイオニアとして発信してきた人は魅力的。そういうことがひとりでも多くの皆さんに伝わると思うとうれしくて仕方がないです。今、私の心は、少女時代の越路さんのように躍っています!」と、ワクワク感を抑えきれない表情でドラマへの期待を語っていました。