『最後のジェダイ』V4 シネマイクスピアリでは応援上映が大盛況

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(公開中)千葉・浦安のシネマイクスピアリで実施された「応援上映」の様子(C)ORICON NewS inc.

 人気SF映画シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、2018年最初の週末、1月6日・7日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)で1位となり、4週連続で独走中だ。土日2日間で興行収入3億4300万円、動員22万8000人を記録。これまでの国内興行収入は61億円、観客動員数は410万人をそれぞれ突破した(興収:61億5394万4900円、動員:414万2471人※1月8日までの成績)。

【写真】応援上映にコスプレで参加したSWファン

 4DXやIMAXなど、さまざまな上映方式で映画を楽しめる中、6日に千葉・浦安のシネマイクスピアリで実施されたのは「応援上映」。上映中、自由に歓声や声援を上げてOK、ライトセーバーの持ち込み点灯OK、コスプレOKというイベント上映で、約300席のチケットは即刻売り切れたという。当日は、子どもから大人までコスプレをしたファンが集まり、ライトセーバーの所有率も高かった。拍手や歓声の中には、「ハックス、頑張れ!」といった文字通り"応援"する声も。

 上映後、小学生の息子2人と妻と家族4人で訪れていた男性は「初めてのことだったので、どうなるかと思ったけれど、ライトセーバーを振りたくなるシーンとか、周りもだいたい皆一緒で、合わせようとかではなく、自然と一体感が生まれて楽しかった」と感想を語ってくれた。チューバッカのコスプレをしていた女性は「普段はストームトルーパーなんですが、席に座れないので、急きょ手作りしました」とエネルギッシュ。「コスプレできる機会ってそうないから」と、スター・ウォーズ愛をアピールする場に飢えているファンが多いもうかがえた。

 SNS上にも参加者から「本日シネマイクスピアリのスターウォーズ応援上映行ってきた~! コスしてる人たくさんいたし、事あるごとに拍手とかライトセーバー振ってて楽しかった~」といったコメントや「最後のジェダイ9回目はシネマイクスピアリ応援上映で鑑賞!」といった猛者もいたよう。現場で10組ほど話を聞いたが、「きょう誘われて初めて見た」という人は1人しかおらず、皆、2回目以上のリピーターで、"応援"で盛り上がるツボも心得ているようだった。