浅野忠信、宮藤官九郎も驚く“パンク”な提案

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
宮藤官九郎と石井岳龍監督が映画『パンク侍、斬られて候』のティーチインイベントに出席 (C)ORICON NewS inc.

 映画監督の石井岳龍氏、脚本家の宮藤官九郎氏が15日、都内で行われた映画『パンク侍、斬られて候』のティーチインイベントに出席。同作を鑑賞した観客からの質問に2人が答えながら撮影秘話などをトークした。

【動画】『パンク侍、斬られて候』本予告映像

 同作は町田康氏の小説を実写化し、規格外の能力を持つ侍・掛十之進(綾野剛)が自らのハッタリで招いた大惨事に翻弄されるさまを描く。綾野、ヒロインろん役の北川景子をはじめ、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏、村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司ら豪華キャストが出演する。

 イベントでは、浅野忠信のTシャツを着用した少女から「浅野さんの話をして」とのリクエストが飛んだ。劇中ではある組織の極悪非道な元幹部・茶山半郎を演じた。宮藤は「浅野さんはすごいですよね。ぶっ壊すというテーマをわかってらっしゃって『俺はセリフをしゃべらない』って言い出して…『パンク侍』じゃなかったらだいぶ迷惑な役者さんですけど」と冗談を交えて、驚きの提案をされたことを振り返った。

 劇中で茶山は2人の付き人に自分の言葉を代弁させているが、石井監督は「話を聞いた時、アイデアとしては面白いと思ったけど、だからいいですよとは言えない」と困惑。宮藤も「そうですよね。そしたらみんな『俺も、俺も』ってしゃべらなくなっちゃう。浅野さんだからOKだった」と笑うと、石井監督は「茶山だからOK。でも撮影が始まったらいきなり『違う!』とか話しまくりだった…」と浅野の“パンク”ぶりを明かしていた。