【西郷どん】歴史の表舞台に、鈴木亮平「ここからが見どころ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
7月15日放送、大河ドラマ『西郷どん』第26回より。西郷吉之助がいよいよ歴史の表舞台へ(C)NHK

 NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で主人公・西郷吉之助役で主演する俳優の鈴木亮平。「ここ(15日放送の第26回)からは皆さんが良く知っている教科書に出てくる西郷さんの物語ですので、ここから観始めても楽しんでいただけると思います」と、後半戦に向けて気合を入れ直す。

【画像】坂本龍馬・勝海舟・桂小五郎ら幕末ヒーロー揃い踏み新ポスター

 今後の『西郷どん』は、一橋慶喜(松田翔太)、勝海舟(遠藤憲一)、坂本龍馬(小栗旬)、桂小五郎(玉山鉄二)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)ら、英傑たちとの宿命の出会いの中、盟友・大久保一蔵(瑛太)とともに、天下を突き動かしていく。

「吉之助が、“西郷さん”として教科書に出てくるのは、まさにここから。幕末の激動の中における西郷さんの言動から、若い頃はどんなだったんだろう、どういう経験をしてくれば、あんな人間になれるのだろう、と興味を持っていただいたところで、第1回から振り返って観るのもおすすめです」。

 第26回「西郷、京へ」では、2度目の島流しから薩摩に戻った吉之助は、一蔵の求めに応じ京へ。そんな西郷のうわさ話に花咲かせる男たちがいた。勝と龍馬、そして岩倉だ。京では朝廷と幕府そして雄藩が合議で政を行う「参与会議」が開かれるが、慶喜はころころと意見を替え、島津久光(青木崇高)を徹底的に愚弄し会議は決裂。事態を打開するため吉之助は慶喜との再会を果たす。

 「勝さん、龍馬さん、岩倉さん、桂さんらと初めて会うシーンは面白く描かれていると思います。また、西郷さんや西郷家の人たちと龍馬さんがこんなにも親しかったんだ、というのがよく描かれているので、最終的に同じ方向を向いていられなくなっていくのがより切ないです。薩長同盟もこれまでにない切り口で描かれていますし、とにかく岩倉さんが面白くて。僕がイメージしていた岩倉具視さんとはだいぶ違います。そんな彼らに影響されて、じわじわと変わっていく吉之助を見せていきたいです」。

 都内にいままで知らなかった薩摩藩ゆかりの寺を見つければ、すぐさま足を運ぶフットワークの軽さは健在。「東京・杉並区にある大円寺というお寺なんですが、西郷さんの妹やすさんや糸さんとの間にできた次男、戊辰戦争の戦没者のお墓などがありました。朝イチで行ってきたんですが、お墓参りをすると、改めて頑張ろうという気持ちや責任感が湧いてきて、パワーをもらえるんです」。

 お墓参りでパワーを充填した鈴木は、「鬼モード」で揺るぎない革命家として覚醒していく吉之助の後半生を熱演している。

 「西郷さんの人生がそうだったように、ドラマもものすごいテンポで進んでいきます。島から戻って3年後には王政復古の大号令なので。いままでゆっくり進んでいた時間が急に動き出した感じになると思います。ダイナミックなドラマ展開になっていくので、ついてきていただきたいです!」。